本文へ

最適品質の提供、顧客満足

品質方針

建築事業部門 品質方針

お客様が期待する価値を的確に捉え、営業から保全までの全てのプロセスにおいて、全従業員が“品質へのこだわり”を持って、最適品質の造りこみを行い、信頼され、満足していただける技術とサービスを提供する。

上記の方針を達成するために各部門部署、プロジェクトにおいて品質目標を設定し、品質マネジメントシステムを実施し、維持するとともに、マネジメントレビュー等を通じて継続的改善を図る。

土木事業部門 品質方針

顧客や社会が期待する価値を的確に捉え、ものづくりに対する“誠実で真摯な姿勢”と“全従業員による総合力の発揮”により、優れた品質の建造物を提供し、顧客や社会からの期待に応え、信頼と満足を得ることにより持続的な成長を目指す。

上記品質方針を達成するために、各部門・部署・プロジェクトにおいて品質マネジメントシステムの効果的な運用と、人間力と現場力の一層の向上を図り、優れた品質の建造物を提供し続けるとともに継続的な改善を図る。

エンジニアリング事業部門 品質方針

顧客ニーズと高度な専門技術との融合により、事業性、機能性、永続性があり、法規制に適合した価値ある優れた環境と施設を品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001に即して実現し、顧客満足の向上を図り、顧客の信頼を得る。

方策

  1. 産業経済のグローバル化や地球環境の保全、国際品質規格等の社会環境の変化に対応し得る品質を確保すべく技術の育成を図る。
  2. 顧客の事業計画を的確に把握し、要求品質を満足する施設として具体化することにより発注者や使用者の視点に立った最適品質を創出する。
  3. 専門化、多様化する高度な技術を修得、活用することをエンジニアリング業務の旨とし、一括した品質保証、工期短縮、コストダウンを組織的に図り、最適品質の確保を行う。
  4. ライフサイクル・ケアを目指し、運用データの分析とフィードバックにより永続的保全活動を組織的に展開する。

上記の方策に基づいて品質マネジメントシステムを構築し、維持するとともに、品質目標を設定し、活動状況のレビューを実施して継続的改善を図る。

この品質方針と品質目標を達成するために、品質管理責任者を任命し、品質マネジメントシステムを全ての事業本部員に周知し、理解させる。

品質マネジメントシステム

ひとづくりを原点とし、一貫した品質管理体制によって確かな品質を提供

企画・営業から設計、施工、維持・保全の各段階で「一流のものづくりを支えるひとづくり」に注力し、それをサポートする一貫した品質確保の体制を品質マネジメントシステムによって構築、最適品質を提供するためのプロセスや活動を推進しています。

品質プロセス 活動内容
品質マネジメントシステム 企画 ・営業
  • コンサルティング
  • お客様ニーズの把握
  • 提案
  • 節電・省エネの提案・支援
  • 防災・減災の提案・支援
  • 不動産価値向上のための提案・支援
  • 先端環境技術の提案・支援
設計
  • 要求事項の把握
  • 設計品質計画
  • 設計検証
  • 妥当性確認
  • BIMの活用
  • DR(デザインレビュー)
  • 設計系の人材育成(海外研修制度)
デザインレビュー風景
施工
  • 施工計画
  • 図面検討
  • 各種検討会
  • 施工管理・工程内検査
  • 工事監理(設計部署)
  • 着工前品質検討会
  • 設計施工案件の社内第三者監理による指導
  • 特殊・特定工事制度(建築)
  • 指定工事制度
  • 技術スタッフによる社内第三者検査・監査
  • 教育責任者、教育指導員、品質長らによる技術指導
維持 ・保全
  • アフターサービス
  • 定期点検
  • クレーム対応クレーム対応
  • 保守契約
  • BM(ビルマネジメント)サービス
  • 建物総合診断とリニューアル総合提案推進
  • お客様への満足(CS)調査

BIM : Building Information Modelingの略。コンピューター上で構築された3次元建物モデルに設計、施工から維持・管理までの情報が統合されたもの

最適品質の提供、顧客満足への取り組み事例

建築:最適品質による「逸品生産」で、お客様の期待を超える

当社がお客様に提供する建物は、敷地・工期などの条件や求められる機能・性能が千差万別の一品生産です。個別条件を全社総力で深掘りし、お客様が期待する価値を的確に捉え、品質へのこだわりを持った造り込みにより信頼と満足を提供する。これが当社の考える最適品質による「逸品生産」です。

お客様のニーズからの品質方針

各プロジェクトでは「品質方針展開表」を主軸にものづくりを進めています。作業所長が中心となり、営業、設計、支店幹部、技術支援部署が総力を挙げてお客様のニーズやリスクを洗い出して当該性のある具体的な「あるべき姿」を設定し、現地現物の巡回による確認指導と社内検査・監査で取り組みと成果をフォローアップしています。

BIMを活用した設計施工の品質向上

BIMを用い3次元で完成イメージを「見える化」することで、お客様の理解をより深めることができ、早期の合意形成につながっています。また、BIMを用いたさまざまな性能検証を行うことで課題の抽出を容易にし、さらなる品質の向上に役立てています。

さらにプロジェクトの初期から設計、施工が一体となって造り込みを行い、その情報をBIMに載せていくことで建物情報、技術を一元管理し、意匠、構造、設備間の整合性が取れた図面作成を可能とします。また、設計情報を施工、製作に連動させることで、図面作成に関わる人為的なミスを防止し、施工や製作の手戻りを防ぎ、品質確保につながっています。

現業、設計、設備業者全員でBIMモデルを確認
現業、設計、設備業者全員でBIMモデルを確認

CS(お客様満足)調査の「生の声」から業務改善

支店のCSヒアリングチームが、竣工後と2年後にお客様に直接お会いして、聞き取り調査を実施しています。プロジェクトを担当していない調査員が伺い、「建物」「仕事」「維持保全」の質に関する設問で満足・不満足の評価値とご意見をいただいています。プロジェクト担当者からは伝わりにくかったお客様の生の声によって、これまで当社側の都合で片づけていたり、独りよがりであったことに気づくことが多くあります。

「当たり前品質」のためのマニュアルや基準を守りながら、お客様目線の「魅力的品質」のために何をやるかというこだわりを持つように、業務の改善につなげています。

CS(お客様満足度)調査フロー図
CS(お客様満足度)調査フロー図

土木:品質とプロセスの両面で顧客満足を高める

建設工事における品質には「工事目的物の品質」と「施工プロセスの質」の2つの側面があります。当社土木部門においてはこの2つの質の向上を目指し、さまざまな施策を通じてお客様の期待に応える最適品質の提供、そしてプロセスを含めたお客様満足度の向上に努めています。

組織によるものづくり

豊富な経験や最新の技術力を駆使した組織による取り組みを強化し、ものづくりを行っています。多くの目で見るというコンセプトのもと、各工種に精通した技術者が参集した着工前検討会の開催、複数名での多様な目による巡回や検討会の実施、イノベーション活動による施工の効率化、そして引き渡し後はCS調査を行うなど、受注から引き渡しまで一貫したQMS(品質マネジメントシステム)によりものづくりを行っています。

充実した教育制度

毎年度策定される人材開発計画により、高い能力を有し、的確な判断ができ、幅広い素養を持ったたくましい人材の育成に努めています。集合教育としてOJT教育や年代別教育の他、地下水・山留め・コンクリート教育など状況に応じたタイムリーな教育の実施、過去の不具合をまとめた『語り継ぐ』の発行やeラーニングによる不具合Q&Aの実施など、多様な教育を通じた個人レベルの知識、技術力、マネジメント力の向上を図っています。

充実した教育制度
充実した教育制度

建設生産システムの高度化への取り組み

土木イノベーション活動として、建設生産システムの高度化に取り組んでいます。

施工する環境はますます高度化、複雑化しており、施工の進捗に伴いその状態も刻々と変わっていきます。時間とともに変化する施工環境を調査、計画、施工の各段階で情報を一元化し、見える化を図るとともに、品質確保や環境の向上に努めています。

ダムコンクリート締固め管理システムの開発

ダムコンクリート締固め管理システムを開発しました。油圧センサーや3Dスキャナー、 GNSS (Global Navigation Satellite System:汎地球測位航法衛星システム)を装着したバイブレータ付きバックホウにより、締固めの位置や適否などを定量的に判定し施工するもので、従来の熟練オペレーターの経験的判断に代わる手法となります。

 GNSS (Global Navigation Satellite System:汎地球測位航法衛星システム)
GNSS (Global Navigation Satellite System:汎地球測位航法衛星システム)