本文へ

多目的実験棟

多目的実験棟

環境・エネルギー・先端ICTの開発拠点です

主に建築設備に関する様々な開発・実証を行うための、多目的に利用可能な施設です。室内の熱・光・空気環境制御、創エネ・省エネ・蓄エネなどのエネルギー需給制御、高度施設サービスを実現するICT応用技術の実験などを行っています。
実験棟には、地震時の揺れを吸収するハイブリッド集中制震システムを適用しているほか、床面には乾燥ひび割れ防止性能を備えたコンクリート「ゼロシュリンク」を採用しています。

実験内容

  • 省エネ・快適室内環境制御技術の性能評価
  • 電源設備や空調・照明設備を対象としたエネルギー制御実験
  • 様々な外部環境に対する外装材などの性能評価
  • モックアップや試験装置による実証設備を用いた短期~中期運用実証

施設の特徴

  • 建築環境試験室
  • ZEBソリューションラボ
  • エネルギーマネジメントラボ
  • 一対比較試験室
  • 多目的実験スペース
建築環境試験室
建築環境試験室
一対比較試験室
一対比較試験室

実験例・成果例

  • S-ラジシステム・ライト(中小規模オフィス向け天井輻射空調システム)
  • MIYUKA(建物内ロボットの位置検出システム)
  • 一対比較試験室による外装材性能評価
  • 照明とブラインド制御による視的快適性向上技術の開発
S-ラジシステム概念図
S-ラジシステム・ライト概念図