ESG経営の推進

ESG経営の推進(中期計画2019年~2023年 重点戦略)

事業活動を通じて社会的責任を果たすことで、ステークホルダーからの信頼を高めるとともに、中長期的な企業価値向上と持続的な成長を実現

E(環境) 持続可能な地球環境への貢献

  • CO2削減の中長期目標「エコロジー・ミッション2030-2050」の着実な推進
  • 生物多様性の保全・指標化に向けた取り組み
  • 限りある地球資源の有効活用と廃棄物削減に向けた取り組み

S(社会) すべてのステークホルダーとの「共生」

  • 自然災害に対し、サプライチェーンと一体のBCP対応で、顧客・社会へ“安全・安心”を提供
  • お客様の期待を超える価値の提供による顧客満足の獲得
  • 人権尊重の徹底と「働き方改革」によるサプライチェーンを含む労働環境の整備
  • 良き企業市民として地域社会と共生し、社会課題の解決に貢献

G(ガバナンス) コンプライアンスの徹底とリスクマネジメントの強化

  • 社是「論語と算盤」に基づく企業倫理の浸透とコンプライアンスの徹底
  • リスクマネジメントの徹底(投資リスク、地政学的リスク、自然災害リスク 等)
  • 公正で透明な企業活動の実践
  • すべてのステークホルダーへの的確な情報開示と対話の促進によるガバナンスの向上

ESG重要管理指標

GRIマテリアリティ分析

当社では、GRIスタンダードの考えに基づき、「ステークホルダーの評価や意思決定への影響」と「組織の経済、環境、社会に与えるインパクトの著しさ」の2つの側面からマテリアリティ分析を実施し重要な課題を抽出しました。

マテリアリティ分析結果は以下の通りです。

重要な課題

マテリアリティ分析結果

縦軸の「ステークホルダーの評価や意思決定への影響」は、株主・投資家、リクルート、顧客へ影響を想定し、横軸の「組織の経済、環境、社会に与えるインパクトの著しさ」では、従業員のモチベーション(企業文化)、経済側面、中長期的なリスクに与えるインパクトを想定している。

マネージメント・アプローチ

当社では、重要な課題ごとにそれぞれの機能を担っている部門が取り組みを推進しています。重要な課題ごとの方針・目標・責任・具体策等の内容は、コーポレートレポート・WEBサイトに記載されています(ESG情報開示(GRIスタンダード対照表)のマテリアルな項目のマネジメント手法を参照)。またそれぞれの課題に関係するKPI(重要評価指標)やその他の評価指標を定めて具体的な数値目標の達成のための活動を行っています。

ステークホルダーとの関わり

当社では、質の高いESGを実践していくうえで、お客様をはじめとするすべてのステークホルダーとの対話を通じ、お互いに信頼を築いていくことが重要と考えています。お客様の声、株主・投資家とのエンゲージメント、協力業者との対話、社員とのコミュニケーション等を通じて、得られたご意見や評価等をもとに、会社の課題の把握に努めています。また、メディアを通じて株主・投資家情報および各種のニュースリリースを発信し、すべてのステークホルダーに対して適切なタイミングで十分な情報開示を心がけています。

ステークホルダー 主な活動 説明
お客様 営業活動 お客様のニーズを的確に捉えるだけにとどまらず、お客様の期待を超える価値を提供
お客様満足度アンケート 建物竣工3ヶ月後と2年後にお客様のもとに直接出向き、ヒアリングを実施
ウェブサイト 随時タイムリーな情報を提供
株主・投資家 株主総会 毎年6月に実施
決算説明会 アナリストを対象に今後の見通し等を説明
IRイベント 日本・海外において、現場や技術研究所等の見学会を実施
海外機関投資家向けミーティング 欧州・米国・アジアの機関投資家とミーティングを実施(2016年23回)
従業員 社内報 毎月発行
社長懇話会 毎年国内外で社長と社員が直接対話
組合活動 労使関係・労働環境について協議
家族の日イベント 従業員家族との懇親を広めるイベントを実施
調達先 兼喜会 当社の協力会社会、全国12支部
後継者育成研修 次世代の担い手確保の取り組み
地域社会住民 工事住民説明会 工事開始前に工事内容を詳細に説明
現場見学会 工事の進捗状況の報告
社会貢献活動 地域のイベント、ボランティアに積極的に参加
行政 BCP対応 緊急時、行政の要請に応じて迅速に対応
外部団体 NPO、NGOとの協働活動 社会問題について協働して解決

国連グローバル・コンパクトへの参加

当社は、2013年3月国連が提唱するグローバル・コンパクトに署名・加入しました。
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンでは、人権教育分科会(幹事企業)及びWEPs分科会等に参画し、積極的な活動を行っています。
国連グローバル・コンパクトに関する詳細は国連Webサイトをご覧ください。

国連グローバル・コンパクト

国連グローバル・コンパクトの10原則

ISO26000(社会的責任に関する国際規定)対照表

ISO26000(社会的責任規格)で示された中核主題の要請項目と当社の取り組みとの関連を示します。

中核主題 課題 活動項目(WEBリンク)
組織統治 企業統治
事業環境の整備
人権 デューディリジェンス 経営理念
コーポレート・ガバナンス
人を大切にする企業の実現
お取引先へのお願い事項
人権に関する危機的状況
加担の回避
苦情解決
差別及び社会的弱者
市民的及び政治的権利
経済的、社会的及び文化的権利
労働における基本的原則及び権利
労働慣行 雇用及び雇用関係 人を大切にする企業の実現
ダイバーシティ推進
安全衛生への取組
労働条件及び社会的保護
社会対話
労働における安全衛生
職場における人材育成及び訓練
環境 汚染の予防 資源循環・汚染防止・水使用
エコロジー・ミッション2030‐2050
生物多様性
持続可能な資源の利用
気候変動の緩和及び気候変動への適応
環境保護、生物多様性、及び自然生息地の回復
公正な事業慣行 汚職防止 コーポレート・ガバナンス
CSR調達
責任ある政治的関与
公正な競争
バリューチェーンにおける社会的責任の推進
財産権の尊重
消費者課題 公正なマーケティング、事実に即した偏りのない情報、及び公正な契約慣行 最適品質の提供、顧客満足
安全・安心への取り組み
消費者の安全衛生の保護
持続可能な消費
消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決
消費者データ保護及びプライバシー
必要不可欠なサービスへのアクセス
教育及び意識向上
コミュニティへの参画及び開発 コミュニティへの参画 社会貢献活動
教育及び文化
雇用創出及び技能開発
技術の開発及び技術へのアクセス
富及び所得の創出
健康
社会的投資

おすすめコンテンツ