本文へ

安全衛生への取り組み

安全衛生管理基本方針

基本理念

清水建設は、人命尊重、人間尊重の理念にたち、企業活動のすべての面において働く人の生命と健康を守ることを最優先とし、安全文化を定着させ、安全で快適な職場環境を形成する。

目標

公衆災害及び死亡重篤災害 “ゼロ”

目標達成のための方策

  1. 建設業労働安全衛生マネジメントシステムを運用し、リスクアセスメントによる予防型安全をさらに推進し、労働災害の継続的な減少を図る。
  2. 安全最優先のもとに、工事計画段階からダブルセーフティ等による安全設備の確保、施工手順の視える化を図り、安全と生産を両輪として事業活動を行う。
  3. 取引業者による自立型安全管理を促進し、災害防止協議会を活性化させ、当社と取引業者が役割と責任を明確にして災害防止を推進する。
  4. 事業者責任のもとに送出し教育をさらに充実させ、作業員の安全順守を徹底させて新規入場者の災害を撲滅する。
  5. 従業員教育において、安全衛生の管理者としての知識と行動力を習得させ、法令順守(ルール厳守)、災害防止の推進者として育成する。
  6. 健康障害要因となる粉じん、石綿等の暴露を根絶するため、安全な作業ルールを強化し、健康障害防止教育の徹底を図る。

社長自ら現場安全パトロール

毎年、全国安全週間および全国労働安全衛生週間を機に社長が現場安全パトロールを実施しています。

2017年度の現場安全パトロールの朝礼では「建設業にとって、品質と安全はどちらが欠けても成り立たない『安全なくして生産なし』という言葉をいま一度振り返り、互いに声を掛けあってルールを守ることを心掛けてほしい」との社長の挨拶がありました。

安全パトロールをする井上社長
安全パトロールをする井上社長
朝礼で挨拶する井上社長
朝礼で挨拶する井上社長