本文へ

耐火実験ブロック

耐火実験ブロック

火災に強い材料・部材・構造物の研究・開発を行います

多様化する防耐火実験のニーズに応え、様々な部材や構造形式が使用される超高層建築物・大空間建築物・道路トンネル・特殊施設などに関して、火災対策や火災と他の外力が組み合わさった複合災害対策など、建築・土木を問わず建造物の火災安全性能の向上に貢献する研究・開発を行います。

実験内容

建築構造

  • 柱・梁・床・壁などの建築部材の耐火実験
  • 柱+梁、梁+壁など複数の部材から構成される構造部分の耐火実験
RC造柱耐火実験
RC造柱耐火実験

土木構造

  • 地中での荷重状態を模擬したトンネルセグメントの耐火実験
セグメント耐火実験
セグメント耐火実験

特殊施設

  • 長時間加熱や火災以外の損傷を想定した耐火実験

施設の特徴

多目的炉

  • 試験体:柱・梁・床・壁・セグメント、複数の部材で構成される構造部分
  • 加熱温度:最高1200℃
  • 載荷能力:6MN
  • 部材や試験体に対して、様々な方向からの加熱と載荷が可能です。また、高温監視カメラを用いて実験状況をモニターすることも可能です。

小型壁炉

  • 試験体:壁などの縮小モデル試験体
  • 加熱温度:最高1200℃

電気炉

  • 試験体:建設材料など
  • 加熱温度:最高1500℃

実験例・成果例

  • コンクリートの耐爆裂性能の向上技術(AFRコンクリート、耐火セグメント)
  • 柱の無耐火被覆化・高強度化技術(CFT造柱、RCST構造)
  • 木質耐火構造(スリム耐火ウッド)
  • ガラスの防火性能向上(防火フィルム)
  • 長時間火災に対するする防火設備等の性能把握
  • 衝撃作用を受けた防護壁の火災に対する性能把握