個人投資家の皆様へ

数字で知る清水建設

Shimz Vision 2030(長期ビジョン)

2030

シミズグループが2030年に目指す姿

建設事業の枠を超えた不断の自己変革と挑戦、多様なパートナーとの共創を通じて、時代を先取りする価値を創造するスマートイノベーションカンパニーを目指し、人々が豊かさと幸福を実感できる持続可能な未来社会の実現に貢献します。

創業

1804

創業は1804年、越中富山の大工であった初代清水喜助が江戸・神田鍛冶町で開業したことに始まります。初代喜助が創業当時から目指したのは、「誠心誠意、心を込めて仕事に取り組み、良いものをつくって信頼されること」。以来、お客様と社会のニーズに応えるため、常に新しい知識や技術を追究し続けています。

連結従業員数

16,184

2019年3月31日現在

シミズの持続的な成長と価値の向上を目指し、多様な人財がそれぞれの力を発揮してものづくりを行っています。

連結従業員数

シミズの持続的な成長と価値の向上を目指し、多様な人財がそれぞれの力を発揮してものづくりを行っています。

建設事業の国内外での展開

国内

営業所

47都道府県

営業所

90カ所

現場

約900カ所

現場従事者(当社従業員を含む)

約46,000人/日

2018年度

お客様のニーズに迅速かつきめ細やかに対応するため、大手建設会社で唯一47都道府県すべてに営業所を配置しています。
工事は建築と土木に大別でき、現場数の割合は約8:2です。また、建設技能労働者の減少への対策と働き方改革推進に向け、省人化と生産性向上を目的とした建設ロボットの活用も進めています。

海外事業所

主要支店14カ所

お客様のニーズに迅速かつきめ細やかに対応するため、47都道府県すべてに営業所を配置しています。工事は建築と土木に大別でき、現場数の割合は約8:2です。また、建設技能労働者の減少への対策と働き方改革推進に向け、省人化と生産性向上を目的としたロボットの活用も進めています。

海外

事業所

26都市

現場

約100カ所

現場従事者(当社従業員を含む)

約16,000人/日

2018年度

1970年代からアジアを中心に事業を拡大し、地域に根付いたグローバル展開を進めてきました。「技術と信頼のシミズ」の評価により日系のみならず、近年では現地企業や多国籍企業からの受注も増加しています。橋、地下鉄等のインフラ工事にも携わり、各国の発展と人々の快適な暮らしに貢献しています。

海外事業所

シミズグループが恒常的に事務所を設けている26都市

1970年代からアジアを中心に事業を拡大し、地域に根付いたグローバル展開を進めてきました。「技術と信頼のシミズ」の評価により日系のみならず、近年では現地企業や多国籍企業からの受注も増加しています。橋、地下鉄等のインフラ工事にも携わり、各国の発展と人々の快適な暮らしに貢献しています。

連結売上高

16,649億円

2018年度

首都圏の再開発案件を中心とした良好な受注環境を背景に、2018年度の売上高は、1兆6,649億円となりました。

連結売上高

シミズのものづくり

当社紹介映像

ものづくりの伝承と挑戦 ~清水建設~

ものづくりの伝承と挑戦 ~清水建設~

映像を見る
14分23秒
ダイジェスト版を見る
3分16秒

施工実績

さらに詳しく知りたい方へ