免震・制震技術

屋上設置型制振装置「シミズ・スイングマスダンパー」

「シミズ・スイングマスダンパー(SMD)」は、長周期地震動により生じる超高層ビルの複雑な揺れを抑制する屋上設置型の制振装置です。

平面形状が正方形ではない建物の場合、短辺方向と長辺方向では建物の揺れ方(固有周期)が異なるため、1方向の揺れにしか同調できない一般的な屋上設置型制振装置では、十分な制振効果を得ることができません。

SMDは、揺れを回転運動に変換して大きな質量効果を発揮するダイナミックスクリューを内部に組み込むことで、1台の制振装置で周期の異なる2方向の揺れを制御可能にし、一般的な屋上設置型の制振装置に比べて、軽量化と省スペース化を実現。屋上が狭いビルでも設置しやすくなっています。

シミズ・スイングマスダンパーの外観(左)と装置内部(右)
シミズ・スイングマスダンパーの外観(左)と装置内部(右)

シミズ・スイングマスダンパーの外観(左)と装置内部(右)

SMDは、鋼製あるいはコンクリート製の錘(おもり)※を鉄骨フレーム内の積層ゴム(2段構成)が支える構造となっており、内部にオイルダンパーおよびダイナミックスクリューが組み込まれています。 設置する台数は、建物規模によりますが、2~4台となります。 ※外形7×7m、重量400トン程度

縮小モデルを用いた加振実験

SMDの開発にあたっては、技術研究所の大型振動台で縮小モデル(30トンの錘を搭載)を用いた加振実験を実施、1台の装置で周期の異なる2方向の揺れに対応できることを確認しています。

機器免震システム「安震スライダー」 

「安震スライダー」は、重要設備機器等の耐震安全性を向上させる部分免震システムです。

構造物の床と対象設備との間に特殊な免震装置(安震スライダー)を設置することで、震度6強を超える大地震時においても、設備機器に生じる加速度を大幅に低減し収納物の転倒落下を防止できます。建物全体を免震化しなくても対象設備を免震化できるため、安価で設備更新時にも適用できるシステムです。免震装置の高さが小さく、荷重が偏在してもねじれ振動が生じにくい優れた特徴をもち、自動ラック倉庫やサーバー等重要設備機器の免震化に活用されています。

安震スライダー
「安震スライダー」はコンパクトでありながら、免震装置として必要な機能
(荷重支持、地震後の原位置復帰、減衰)がすべて集約されているのが特長です。
建物を想定した振動実験
建物を想定した振動実験
屋外キュービクルへの採用例
屋外キュービクルへの採用例
免震・制震技術
水素活用技術
音声ナビゲーションシステム
美観に優れたコンクリート

おすすめコンテンツ