トップメッセージ

子どもたちに誇れるしごとを。

清水建設株式会社 取締役社長 井上和幸

SDGs達成に向けた取り組みと大胆なイノベーションを通して
社会の期待を超える価値を創造し、
持続可能な未来づくりに貢献していきます。

~デジタルとリアルのベストミックスで、様々な社会課題解決に向け、
ニューノーマルを見据えた「変革と挑戦」を続けていきます~

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々のご冥福と、罹患された方々の一日も早い回復をお祈り申しあげるとともに、医療関係者の皆様をはじめ感染症対策にご尽力くださっている皆様に心より感謝申しあげます。
依然として、新型コロナウイルス感染症の収束は見通せませんが、当社グループは、感染防止対策を徹底したうえで事業活動を継続し、建設会社の社会的責任を果たして参ります。

当社は、長期的視座に基づき、地球環境の持続可能性への配慮、社会との共生、ガバナンスの向上を図ることが企業の持続的成長の大前提であると考えています。こうした背景から中期経営計画〈2019-2023〉の基本方針において、「ESG経営の推進」を表明しています。ESGの取り組みは、SDGsの達成にも貢献するものです。そして、多様なステークホルダーや社会に対する企業の責任、次世代に対する現役世代の責任と捉え、役員、従業員一人ひとりが事業活動を通じて主体的に取り組んでいます。

今回のコロナ危機は、私たちにさまざまなことを気づかせてくれました。命の尊さ、思いやりと感謝の気持ち、チームワーク、そして“変えてはいけないもの”、“変えるべきもの”。このような時代だからこそ、当社は、社是「論語と算盤」を事業活動の基盤にしっかりと据えて、経営理念「真摯な姿勢と絶えざる革新志向により、社会の期待を超える価値を創造し、持続可能な未来づくりに貢献する」の体現に尽力し、皆様のご期待に応えていく所存です。

一つひとつのしごとに情熱を注ぎ、子どもたち、さらにその先の子どもたちの時代に価値ある建造物や事業を築いていく。それが私たちシミズの「子どもたちに誇れるしごと」です。

清水建設株式会社
取締役社長
井上 和幸

おすすめコンテンツ