本文へ

トップメッセージ

子どもたちに誇れるしごとを。

清水建設株式会社 取締役社長 井上和幸

人々が安全・安心で快適に暮らせる
環境づくりに貢献するとともに
持続的に成長する企業を目指します。

1804年に創業した清水建設は、創業者である初代清水喜助や二代清水喜助の“誠実なものづくり”、“顧客第一”といった事業姿勢や高い志、進取の精神を大切にしてきました。そして、明治から大正にかけてわが国を代表する実業家であった渋沢栄一翁の教えである、道徳と経済の合一を旨とする「論語と算盤」を経営の基本理念に据えて、社業を発展させてきました。

人々の価値観が変容し、テクノロジーが急速に発展し、お客様のニーズが多様化・高度化する今こそ、時代を超えて受け継いできた創業者の高い志や進取の精神、そして経営の基本理念のもと、「ものづくりへの真摯な姿勢と絶えざる革新志向により、お客様の期待を超える価値を提供し続ける」という強い想いで、人々が安全・安心で快適に暮らせる環境づくりに貢献するとともに、持続的に成長する企業を目指していきます。

一つひとつの仕事に情熱を注ぎ、子どもたち、さらにその先の子どもたちの時代に財産となるべき建造物を築いていく。それが私たちシミズの「子どもたちに誇れるしごと」です。

清水建設株式会社
取締役社長
井上 和幸