本文へ

環境基盤技術センター

風・温熱環境

快適で豊かな暮環らし、持続可能な社会を支える環境づくりに貢献します

環境基盤技術センターは、風・温熱、音、自然、医療という人の暮らしに直接関わる環境技術の研究開発を行っています。

風・温熱環境

風洞実験と流体解析を組み合わせた風環境・風荷重評価により、建物レベルから都市レベルに至る風環境の改善を支援します。また温熱評価により都市のヒートアイランド現象の緩和にも貢献します。

建物周りの温熱環境解析例
建物周りの温熱環境解析例

音環境

無響室や残響室、遮音・床衝撃音実験室等での音響実験と波動理論に基づく高度な解析・シミュレーション技術を用いて、建物内外の騒音問題の解決、集合住宅やオフィス等の快適な音環境創造、スタジオや音楽ホールの最適な音響設計を支援します。

波動音響技術による騒音伝搬シミュレーション
波動音響技術による騒音伝搬シミュレーション

自然環境

地球環境に配慮した建設事業の実現を目指して、バイオ、緑化、生態系評価、水質/土壌浄化、環境シミュレーション等の技術を開発しています。更に、これら技術のベストミックスにより自然環境の再生・創出をはかります。

都市の自然生態系の復元・創出
都市の自然生態系の復元・創出

医療環境

化学分析やクリーン環境技術、気流シミュレーション、細胞培養技術を用いて、高度医療施設や医薬品工場、今後発展が期待される再生医療施設などの最適な環境の創出を支援します。

再生医療実験室 S-Cellラボ
再生医療実験室 S-Cellラボ