ページの先頭です。
ページ内移動用のメニューです。


このページは、清水建設の中のシミズの土木の中の 施工中の注目現場の中の 滝室坂山岳トンネル ( 坂梨工区 ) のページです。


ここから本文です。

土木工事で活用される ICT、 IoT

2018 年 4 月より、熊本県阿蘇市一の宮町にある坂梨地区で施工中の「熊本 57 号 滝室坂トンネル西新設工事」では、国土交通省の推進する建設現場の生産性を飛躍的に向上させる革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト(通称「PRISM」)を導入し、多くのICT、IoT技術の実証化を目指しています。

特設サイト: https://takimurozaka.com/prism/


動画: http://webtv-aso.net/ns/ns200213001/

品質出来形 ( 遠隔立会検査システム )

通常は地山の状態を、作業者が日々確認・判断し、都度発注者と協議しながら作業を行っていました。今回の取組では、カメラを利用して遠隔で検査を行い、発注者と施工者との情報共有を行っています。

品質出来形 ( 遠隔立会検査システム )

サイクルタイム画像 AI 判定システム

これまでは、次の工程へ移行するタイミングを作業者の感覚で判断していましたが、画像・映像で作業内容を AI に判定させ、タイムスケジュールを自動算出。時間の短縮と作業効率の向上を図りました。

サイクルタイム画像 AI 判定システム

車載型スキャナーシステム

これまでは現場で切羽写真を撮影し、本社技術者に送信して3D データを作成していましたが、車載スキャナによって自動で点群データを作成することで、現場ですぐに品質が確認できるようになりました。

車載型スキャナーシステム
シミズの土木
  • プロジェクトカテゴリーから探す
  • 用途から探す
  • 地域から探す
  • 海外案件を探す
  • 施工中の注目現場
  • 最近竣工したプロジェクト
  • Photo Gallery「the 現場」
  • 採用情報
  • シミズの土木の歴史

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。

ページの終わりです。ページの先頭へ戻る