本文へ

エネルギー技術センター

エネルギー技術センター

省エネから再生可能エネルギーまで、エネルギーの様々な課題に応えます

「パリ協定」の発効を受けて、地球環境に関する社会の関心は高まっていくと考えます。エネルギー技術センターでは、建物/街区での省エネから供給サイドでの再生可能エネルギー導入や原子力に関する諸課題まで、お客様が求めるソリューション技術の開発・実証・展開に取組んでいます。

エネルギーマネジメントシステム(EMS)

2010年に建物最適制御システム「スマートBEMS」を開発し、建物の使い方に連動したエネルギーマネジメントが省エネを一層推進することを実証しました。さらにクラウドサービスによる複数建物を対象にしたEMSを実用化しています。建物や街区への導入が進む再生可能エネルギーなどの分散型エネルギーを活用する「エネルギーの地産地消」のニーズの高まりに応え、安定的かつ効率的な電気・熱供給事業を司るエリアEMSの開発に注力しています。

再生可能エネルギー利用を最大化するシミズ・スマートBEMS
再生可能エネルギー利用を最大化するシミズ・スマートBEMS

再生可能エネルギー

福島復興の柱として「福島新エネ社会構想」が進められるなか、未来の新エネルギー社会実現に向けたモデル創出をめざして産官学共同研究をスタートしました。再生可能エネルギーの余剰電力を利用して水素を「作り」、「貯め・運び」、「使う」、CO2フリー水素がZEB実現の有力手段になる可能性があります。また福島浮体式洋上風力実証事業に参画し、土木分野で培った気象・海象条件の各種評価、浮体動揺解析などを駆使して、再生可能エネルギー導入を推進しています。

CO2フリー水素利活用システム
CO2フリー水素利活用システム

放射線解析技術

原子力利用に対する信頼回復の出発点である福島の復興・再生に向けて、除染/減容化や中間貯蔵の研究開発を進めています。さらに将来の一般原子力発電所の廃止措置の費用低減ならびに被ばく低減を目的にして建屋の放射化量評価技術に磨きをかけています。またこれらの活動で培われた建設業界随一の放射線解析の専門家集団として、医療施設や高エネルギー加速器施設における技術サポートを行っています。

原子力発電所の廃炉に向けたコンクリート放射化の高精度解析
原子力発電所の廃炉に向けたコンクリート放射化の高精度解析