トップメッセージ

井上 和幸

「社会の期待を超える価値」を創造し、
持続可能な未来づくりに貢献します

「社会の期待を超える価値」を創造し、持続可能な未来づくりに貢献します

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

2021年度の受注高は、設備投資の持ち直しにより、民間工事の受注が増加したことから、前期を上回る結果となりました。
このような状況のもと、当社グループの売上高は、開発事業等売上高が増加したことにより、1兆4,829億円となりました。利益については、大型開発物件を売却したことにより、開発事業等総利益が増加したものの、国内建築および海外建築工事の工事採算の低下などで完成工事総利益が減少したことなどから、営業利益は451億円、経常利益は504億円、当期純利益は477億円となり、前期に比べ減益となりました。
2022年度以降も厳しい経営環境が続くことが見込まれますが、中期経営計画に示した施策のもと、当社は建設事業の深耕・進化と、非建設事業の収益基盤の確立及び成長を支える経営基盤の強化を図り、事業活動を通じて社会的責任を果たすとともに、持続的な成長と企業価値の向上の実現を目指します。

2022年5月
清水建設株式会社
取締役社長
井上 和幸