社会システム技術センター

社会システム技術センター

新たな社会基盤の整備と既存の社会インフラや建物の価値を考えます

社会システム技術センターは、橋・トンネル・ダム・エネルギー備蓄施設などの社会インフラ整備に向け、ソフト・ハードの両面から研究開発を行なっています。さらに、社会インフラや施設・地域・都市などの価値や状況を分析し、それらを維持、更新する方法を研究開発しています。

インフラ強靭化のための高度な実験・解析技術

日本は地震や台風などの自然災害の脅威にさらされており、社会インフラが自然災害に長期に耐えることが社会発展のために重要です。一方で、橋やトンネルなどの社会インフラの建設段階では、安全かつ周辺環境に与える影響を小さくすることが求められています。こうした社会の要請に応える目的から、社会インフラに要求されるさまざまな基本性能を満足させる材料や構造の開発、構造物の企画・設計・施工に必要な高度な実験・解析による評価技術の研究開発を行っています。

インフラ維持管理と先進技術によるまちづくり

高度成長期に建設された道路や橋などの社会インフラの老朽化は社会問題となっており、こうした社会変化に対応して、新たな視点で既存の社会インフラや施設の価値を評価することが必要となってきています。このような課題を解決するために、老朽化したインフラの更新・維持管理、リニューアルに向けたモニタリング・耐久性評価の技術、耐震性を高める技術の研究開発を行っています。さらに、災害に強く、少子高齢社会に対応したエリアマネジメントや、先進的な技術を取り入れたまちづくり提案や都市データ解析に取り組んでいます。

安震スライダー
新たに開発された道路橋床版(疲労耐久性試験中)

おすすめコンテンツ