ロボット実験棟

ロボット実験棟

最先端技術を搭載した建設ロボットの自律制御を実証します

働き方改革が叫ばれている中、建設業界では、生産性向上に向けた活動と将来の担い手確保が課題となっています。シミズは、最先端技術を搭載した自律型ロボットが連携するシステム「シミズ・スマート・サイト」を現場に導入し、省人化に新たな一手を打とうとしています。その開発現場が、ロボット実験棟です。

実験例・成果例

  • 溶接ロボット Robo-Welder
  • コラム柱を2台のロボットが対称に移動して溶接します。専用の走行台車上にセットされたロボットを所定の位置まで誘導すれば、作業員の介在なく完全自動溶接を行うことができます。

Robo-Welder

自動溶接の様子(動画)

  • 多能工作業ロボット Robo-Buddy
  • 画像センサとレーザーセンサで施工部位を認識した上で、2本のロボットアームを駆使しながら天井吊りボルトのインサートへの挿入、下地材の組み立て、天井ボードの取り付け、ビス留め、OAフロアの台座やパネル設置などを行います。

Robo-Welder

天井下地のボードを持ち上げ(動画)

  • 自動搬送システム Robo-Carrier
  • 現場に搬入された資材を、作業場所まで自動搬送するシステムです。自分で持っている資材の大きさを認識し、ぶつからないように移動します。障害物があると停止して待ち、障害物が一定時間動かないと、自分でルートを再計算して避けて進んだり、エレベーターに乗ることもできます。

Robo-Welder

資材搬送の様子(動画)

おすすめコンテンツ