本文へ

コーポレート・ガバナンス

当社は「論語と算盤」の経営の基本理念の下、事業活動を通じた社会的責任を果たすことで、株主・投資家をはじめ顧客・従業員・地域社会等のステークホルダーからの信頼を高めるとともに、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、迅速性・効率性・透明性の高い、適法な経営を目指しております。

このため、経営戦略決定機能と業務執行機能の分離を基本に、それぞれの職務執行を取締役会及び監査役が的確に監督・監査する体制を築くこと、併せてすべての取締役、執行役員、監査役及び従業員が高い企業倫理観に基づいたコンプライアンス経営を実践することを、コーポレート・ガバナンスの基本的な方針としております。

1.当社のコーポレート・ガバナンス体制

体制図
体制図

2.経営の意思決定、執行及び監督・監査に係る状況

  • 当社は、経営戦略決定機能と業務執行機能の分離を基本に、取締役の少人数化及び執行役員制度を導入しております。なお、執行役員の選任を公正かつ透明に行うため役員等推薦委員会を、また取締役、執行役員の評価及び報酬の決定を公正かつ透明に行うため役員評価委員会を設置しております。
  • 業務執行に関わる重要事項の決裁、戦略決定などを効率的に行うため各種会議体を設置しております。
  • 取締役会の審議を更に活性化し、経営監督機能を強化するために、社外取締役を2名(うち1名女性)選任しております。
  • 当社は、「社外役員(社外取締役及び社外監査役)の独立性に関する基準」を以下のとおり定めております。

詳細は、東京証券取引所に開示している情報をご覧ください。

3.内部統制システムの整備

  • 会社法に基づき、内部統制システム整備の基本方針を制定しています。

4.法令順守・企業倫理

  • 当社は、創業以来「論語と算盤」、即ち、道理にかなった企業活動によって、社会に貢献するとともに適正な利潤をいただくという考え方を、経営の基本理念としてまいりました。
  • この基本理念は、どのような時代にあっても不変のものであり、また、企業の社会性、社会的責任が強く求められている時代の変化の中で、役員・従業員が日頃からこの理念をよく理解し、その精神に則した行動が実践できるよう企業倫理の徹底に取り組んでいます。
  • 高い企業倫理観に基づいたコンプライアンス経営を実践するため、以下のとおり体制を整えています。