本文へ

ソリューションの検索結果一覧

オフィス

ICTの進展や社会環境、労働環境の変化にともないオフィスには、事業を支えるプラットフォームとしての機能が求められています。
例えば地震対策では、揺れから“建物を守る”という免制振技術に加えて、建物機能を維持し“事業を守る”BCP技術を取り揃えています。また、快適性・知的生産性といったオフィス空間の効用を最大化するとともに、エネルギーなどランニングコストを最小化することで、お客さまの事業効率を向上させるソリューションをご用意しています。

集合住宅・マンション

これからの集合住宅・マンションには、居住性・快適性はもちろん、災害対策、環境配慮といった価値が求められます。
清水建設は、何よりも“住む人の誇りとなる住まい”を目指し、地域と共生し、豊かな暮らしを育む住まいにふさわしい居住空間を、豊富な実積と先進技術による総合力で創造します。また、修繕・リニューアルを視野に入れたアセットマネジメント、ビルマネジメントで安心の暮らしをサポートし、資産価値の高いマンションをご提案します。

医療・福祉施設

社会構造の変化、制度の老朽化など、医療・福祉施設を取りまく事業環境は、大きく変化し続けています。医療従事者の不足が叫ばれる中、施設ごとの競争は激化し、なかなか思うような経営ができない施設も少なくありません。
清水建設は、都立多摩総合医療センター・小児総合医療センターで培った経験と最新技術を活かし、医療サービスの向上、施設機能の充実、運営のサポート、タイミングの良いリニューアルなど、施設それぞれの課題に合わせたソリューションを多面的に提案します。

教育・文化施設

就学人口の減少にともない、教育のあり方も多様化の時代を迎え、“選ばれる学校”としての魅力を高めていくことが求められています。校舎やキャンパスは、学校の教育理念や方針を映し出す鏡として、また、卒業生の思い出を飾る舞台装置として、そしてもちろん、学生に最良の学習環境を提供する施設として、充実させていく必要があります。
清水建設は、豊富な実績に基づく事業計画のサポートから、高い技術に裏付けられた施設計画、運営に至るまで、お客様のお手伝いをさせていただく良きパートナーを目指しています。

工場・研究所

工場・研究所は、求められる機能・性能により大きく仕様が変わりますが、こうした個別性への対応に加え、どのような施設にも共通する基本性能を高めることも重要です。
例えばBCPでは、立地条件に伴う災害リスクを定量化し、ハード、ソフトの両面において最適な対策をとることが不可欠です。また、多くの工場・研究所で、エネルギー使用量の大きさは管理運営上の課題となっています。清水建設は、立地選定から、リスク評価、建設計画、運用にいたるすべての面で、裏付けのある最適解をご提案します。

商業・ホテル

様々なお客さまが集まる施設において建物ができることは、どのようなお客さまが来られても、迷うことなく、不便・不安を感じることなく、安全・快適に過ごせるようにすることです。
清水建設は、資産価値を維持するBCPソリューション、維持管理費を最適化するエネルギーソリューション、事業開始までのリードタイムを最小化する施工技術により、多面的にお客さまのビジネスを支えるお手伝いをします。

物流施設

今や物流は、全てのビジネスにおいて欠くことのできないキーファクターとして、ネットワーク再構築が進んでいます。物流施設に求められるのは、ビジネスの動脈を支える強靭さと効率的配車を支える物流システムに最適化した施設計画です。
清水建設には、物流施設を支える様々な技術があります。例えば、立地からリスクを定量化し、施設の条件に合わせた防災・BCPソリューションをご提供できます。また、事業者として物流施設運営を行っている実績にもとづいた「トータルエンジニアリングサポート」を通じて、お客さまの幅広いニーズに的確にお応えします。

ICT・データセンター

インターネットの普及、IT技術の進展、そしてクラウドコンピューティングへの関心の高まりなどに伴い、データセンターに求められるスペックは今後も高まることが予想されます。
清水建設は、業界No.1の施工実績を生かして、運営コスト抑制と高いフレキシビリティを両立した施設をご提案し、10年後も最先端であり続けるデータセンターの実現をお手伝いいたします。

歴史的建造物

清水建設の歴史は、初代清水喜助が富山の地で志を抱き、日光東照宮の修理工事で修業した後、21歳で創業した1804年(文化元年)に始まります。当社は210年を超える歴史とともに歩んできました。
ゼネコンで唯一、木を扱う専門組織“東京木工場”を持つ当社は、歴史的建造物の保存・再生にも力を注いでいます。木の真髄を知る東京木工場の“匠の技”に、歴史から得られる知恵と様々な最先端技術を組合せ、現代ならではのソリューションをご提供します。

事例
歴史的な建造物を保存と改修では、建物の現状の形状や耐震性能などを詳しく解析、評価し、そこから最適な改修方法を検証する技術やノウハウが必要です。 東京大学安田講堂では、東日本大震災で一部被害が発生したこともあり、当社で講堂天井と構造躯体の耐震…
課題
2011年の東日本大震災では、天井や壁、間仕切りなど、非構造部材の被害が多数報告されています。中でも、生産施設や物流施設などでは、天井の落下により事業継続に大きな支障をきたした事例が多く見受けられました。お客様の事業をまもるためのBCP(事…
技術
本工法では、炭素繊維を束ねて作製したCFアンカーを壁にあけた貫通孔に通し、その両端を柱に貼り付けた炭素繊維シート上へ接着するだけという簡単な方法で、壁付き柱の補強も可能としました。また、CFアンカーを用いると、梁や壁の補強もできます。
技術
阪神大震災以前の旧基準で設計された擁壁やボックスカルバートなどの構造物は、せん断補強筋がほとんど配置されていないため、現行の耐震基準ではせん断耐力が不足する傾向にあり、このため、鉄筋を挿入するなどしてせん断補強が実施されている例があります。
技術
引っ張り力と圧縮力に耐える変形しづらい鋼製ブレース材および、ブレース材の両端を上階躯体と天井に強固に固定する新開発の接合金物を採用し、崩落要因を排除します。
技術
グリッド(格子)枠で既存吊り天井を室内側から支えることにより、施設を継続使用しながら吊り天井を耐震改修することができる技術です。
技術
枠付き鉄骨ブレースを既存建物の柱梁で囲まれた構面内に組入れ、向かい合う躯体面を目荒し又はサンダー掛けし、枠鉄骨との隙間を無収縮モルタルで埋めて力を伝達させる補強工法。従来のようにあと施工アンカーが不要となるため、振動・騒音・粉塵の発生が少な…