本文へ

女性管理職座談会「活躍するシミズウーマン」

自分なりのキャリアを歩んでほしい

西岡:若い世代へのメッセージをお願いします。

鳥山:女性は出産すれば、切れ目なく全力で仕事に臨むことができません。一方で、私たちの仕事は短期間で一人前になれるような内容でもありません。焦らず、10~20年をかけて着実に自分の実力を磨き、良い仕事、納得のいく仕事をする人材を目指してほしいです。

安冨:建設会社で良い建物をつくるという大きな目的を見失わず、自分の役割を果たしてほしいと思います。女性も責任ある立場に立てる時代なので、経験と技術力で会社に貢献できるように取り組み続けてほしいです。

模型を囲んで打ち合わせをする鳥山室長
研修で講師を務める安冨グループ長

小澤:男性と女性の区別はあっていいと思います。女性としての人生を大事にしながら、仕事も自分の生きがいになるように取り組んでほしいと思います。

山田:ものづくりでは、1つの目標に向かって各部署が協力し、後世に残る建物を一緒につくり上げる気持ちが大切です。女性に限らず、そういう気持ちを持って頑張ってもらい、必要に応じて私たちが力添えできればと思います。

審査会で説明する小澤主査
お客様への提出資料を作成中の山田主査

西岡:皆さん、素晴らしい意見をありがとうございます。
私は新入社員の時、「将来は現場所長になりたい」と言って笑われたことがありました。しかし今では、新入社員の女性がそう答えたら、「頑張れ」と言われる時代になっています。5年先、10年先には、時代はもっと変わると思います。
若い女性従業員からは、ロールモデルがいない、キャリアパスが見えないという話を聞きます。そのような方には、会社がこれほど変わってきた事実をまずは知ってほしいですし、せっかく当社に入社したのですから、自分の武器となるスキルを身に付けてほしいと思います。スキルを身に付けることで感じていた不安が軽減され、仕事も楽しくなっていきます。ロールモデルがいなくても、自分なりのキャリアを歩んでほしいと思います。
今日は皆さん、本当にありがとうございました。

おすすめコンテンツ