本文へ

女性管理職座談会「活躍するシミズウーマン」

専門性を極めると決めた

西岡:入社時、自分が管理職になるイメージはありましたか。

鳥山:当時は、区分変更して総合職になった女性は数人。モデルとなる先輩が社内にはおらず、自分が管理職になることはないと思っていました。管理職でなくても自己実現をしながら会社に貢献できる人材になるには、専門性を極めるしか道はないと考え、取り組んできました。

設計本部 鳥山亜紀

安冨:入社した頃は管理職をイメージできるどころか、女性であることや総合職でないことに制約と挫折を感じていました。私に期待してくれる人の存在や、負けたくない気持ちで頑張ってきました。

小澤:私が入社した時代は、一般職、総合職という言葉すらありませんでした。経験も知識もない経理に配属されましたが、管理職になるための制度がないのであれば、実務では誰よりも会社の役に立つ実力を身に付けようと頑張ってきたつもりです。

山田:私も管理職になるイメージは持っていませんでしたが、支店内に女性が多かったので、結婚・出産後も仕事を長く続けられる職場だという実感はありました。

不安を乗り越え、期待を胸に

西岡:管理職への推薦を打診された時、どのように感じましたか。

安冨:管理職になることで、技術者として社内外からの信頼が得やすくなり、仕事が進めやすくなることを期待しました。グループ長を打診された時には、大空間などの特殊構造に携わる技術者として、さらに経験を積みたいという思いとの間でとても悩みました。

生産技術本部 安冨彩子

鳥山:管理職になった時は一つのステップだと淡々と捉えていましたが、グループ長になった時は、部下が良い仕事ができ、仕事をすることで幸せに感じる環境を整えることが私の責任だと感じました。実は、「女性」グループ長が良いチームを作れるか不安でしたが、上司やチームメンバーに恵まれ、心配は無用でした。そのような心配は会社や部下に失礼だったと、今では思っています。

小澤:私は若い時から自分の名刺を持って得意先や銀行を訪れるなど、上司や同僚に恵まれてさまざまな経験をすることができました。経理としてのキャリアは十分積んでいたので、実務では負けないというプライドは多少なりとも持っていました。人事制度が変わり、一般職についても管理職の区分が新設された時は、やっと当社も変わってきたという思いがありました。

山田:管理職への推薦の打診があった時、営業の経験が少なかったので不安はありましたが、今まで以上に責任ある仕事をするために、また、後に続く人のために頑張ろうとの思いで受けることにしました。

おすすめコンテンツ