本文へ

上司座談会「“女子力”で現場に新風を」

腕を磨いて必要とされる人財に

西岡:現場で頑張っている女性へのエールをお願いします。

小林:現場の女性技術者は、社内にロールモデルがまだ少ないので、自分の将来像を描きにくいところがあると思います。その分、苦労も多いと思いますが、私は、現場という男社会の既成概念を取り払うことができるのは、女性しかいないのではないかと期待しています。今後も、現場に新たな風を吹かせていってほしいですね。

岡野:私は、意欲を持って現場で働いている女性たちが、結婚や子育てという節目を迎えた時に、仕事を続けられなくなるのは本当にもったいないと思っています。「現場で働きたい」という気持ちに応えるべく、われわれも応援しますし、会社としても、働き続けられる環境を整備していかなければならないと思います。

塚田:われわれ管理職は、現場で働く女性の不安を理解し、できるだけそれを取り除く努力をしていく必要がありますね。
一方、これは男性社員にも言えることですが、若手のうちに自分の腕を磨き、これだけは誰にも負けないという強みを持ってほしいと思います。現場や会社から必要とされる人財になれば、ロールモデルがいなくても、自分で自分の道を切り開いていけると思います。

澁谷:女性技術者の皆さんには、清水建設に入社した時の気持ちを忘れないでほしいですね。大きな現場を担当したいとか、工事長になりたいとか、それぞれの夢があると思います。それをかなえるために、われわれ上職者にどんどん相談してもらいたいと思いますし、共に夢の実現に向かっていけたらと思います。

西岡:皆さんのお話を伺い、大変心強く思いました。今後、現場でますます女性が活躍できる会社になっていってほしいと思います。本日はどうもありがとうございました。

名古屋支店 澁谷誠二
名古屋支店 澁谷誠二

おすすめコンテンツ