相馬LNG基地、福島天然ガス発電所

  • 土木
  • エネルギー・貯蔵
  • 福島県
  • 2020年

施工担当者から

工事長
遠藤 一正

福島県の相馬港4号ふ頭に、相馬LNG基地(2期工事)と福島天然ガス発電所が竣工。当社は、LNGタンクのPC防液堤と、気化設備他および発電所の土建工事を担当しました。
LNGタンクは、液化ガスを貯蔵する茶筒状の金属タンクの外周に、液化ガスの外部への漏えいを防ぐコンクリート製の防液堤を備える構造となっています。PC防液堤の構築に当たっては、躯体内面の鋼板と鉄筋などをユニット化して揚重、設置する「コンポジット工法」を採用。施工性と安全性の両立を図りました。当初は、ユニットの結合作業に苦労しましたが、揚重方法など細かい工夫を重ねて改善。高い品質を実現しました。

発注者福島ガス発電株式会社、JFEエンジニアリング株式会社、三菱日立パワーシステムズ株式会社(現・三菱パワー株式会社)
設計・監理No.2LNGタンク:石油資源開発株式会社、IHI・清水建設共同企業体
気化設備他:石油資源開発株式会社、JFEエンジニアリング株式会社
福島天然ガス発電所:三菱日立パワーシステムズ株式会社(現・三菱パワー株式会社)、清水建設株式会社
工期2016年11月〜2020年8月
構造・規模No.2LNGタンク:LNG貯蔵量230,000kl、貯槽内径88.2m、貯槽高59.8m
気化設備他:配管架構、設備基礎、BOG建屋、他2棟
福島天然ガス発電所:590,000kw 2基、タービン建屋、取放水工事、他
所在地福島県新地町

> Photo Gallery 【第12回】相馬LNG2号タンク

相馬港4号ふ頭全景
海底を貫いた延長1.4kmのシールドトンネル
検索結果へ戻る

このページに関するお問い合わせはこちら