トップページ投資開発事業トピックス「エスロジ新座」が着工

「エスロジ新座」が着工

清水建設(株)は、都心から25km圏内の埼玉県新座市において、約400億円を投じて開発する3棟計約19万m2に及ぶ大規模物流施設「S.LOGi(エス・ロジ)新座」の建設工事に着手しました。3棟は2019年9月から順次稼働します。マルチテナント型1棟、専用倉庫型2棟の計3棟で構成するS.LOGi新座は、総延床面積が約19万m2に及び、当社最大の開発規模となります。

建設地は、新座市施行の新座市大和田二・三丁目地区土地区画整理事業区域内に位置する約90,000m2の更地です。関越自動車道所沢ICまで約2km、外環自動車道和光ICまで約7kmと、首都圏向けの物流施設として最適な立地と言えます。またJR貨物新座貨物ターミナルまで約1kmと至近なので、鉄道輸送との連携により、モーダルシフトの拠点となることを目指します。さらには、JR武蔵野線新座駅を使えば徒歩約15分で通勤できることから、新規の従業員・パートの確保にも有利です。

一方、テナント型物流施設としての競争力を高めるために、冷蔵倉庫としても使用できる倉庫仕様、人手に代替するIoT機器や大型マテリアルハンドリング機器を設置できる施設計画等、テナントの多様なニーズに対応できる仕様を採用。また、非常用発電機や太陽光発電パネルにより、停電時に72時間以上対応可能な電源を確保しテナントのBCPをサポートします。また、従業員が休憩できる屋外テラスや無料Wi-Fiを完備したカフェテリア、コンビニ、宅配ロッカーなどのアメニティを充実させます。武蔵野の雑木林の再生など生物多様性の保全に取り組む予定であり、すでに保全計画について物流施設として初となる「いきもの共生事業所認証(ABINC認証)」を取得しています。

【プロジェクト概要】テナント募集区画はこちら(2019年12月現在)
所在地 新座都市計画事業大和田二・三丁目地区土地区画
整理事業地内9街区・10街区の一部
開発面積 W棟(パース左側)約60,703m2(約18,362坪)
E1棟(パース右上)約18,617m2(約5,631坪)
E2棟(パース右下)約10,000m2(約3,025坪)
延床面積 W棟 約130,850m2(約39,582坪)
E1棟 約38,566m2(約11,666坪)
E2棟 約19,228m2(約5,816坪)
構造 W棟・E1棟-S造一部RC造、E2棟-S造
竣工時期 W棟 2019年秋(予定)
E1棟 2019年冬(予定)
E2棟 2020年春(予定)