トップページ投資開発事業トピックス「次世代型物流施設「S.LOGi(エスロジ)新座」プロジェクトが始動

「次世代型物流施設「S.LOGi(エスロジ)新座」プロジェクトが始動

埼玉県・新座市施行の土地区画整理事業地内にて、当社土木・建築・設計・投資開発が一体となり、「S.LOGi(エスロジ)新座」(総延床面積:約19.4万m2、約59,000坪)を開発します。
当施設は、都心から25km、所沢IC等の交通結節点至近にあり、首都圏への輸配送に便利な立地環境にあります。また、新座貨物ターミナル駅至近の立地であることから、鉄道輸送・トラック輸送等の多様な輸送モードの利用が容易であり、鉄道貨物へのモーダルシフトの実践等により、テナント企業様が抱える「ドライバー(労働力)不足」「環境問題への対応」等の課題解決に寄与出来るものと期待しています。
加えて、JR武蔵野線 新座駅から徒歩約10分の立地であることから、労働者の確保も容易となります。当施設内では、カフェテリア等のアメニティ施設を設けることにより、テナント企業様により一層の「働きやすい環境」を提供していきます。
その他、当社が提供するecoBCPに配慮した、「安全・安心」「快適・便利」な次世代型物流施設「S.LOGi」シリーズとして、太陽光発電やLED照明、非常用発電機、防災備蓄品、シミズグループ一体となった管理運営体制等を導入します。

【プロジェクト概要】
所在地 新座都市計画事業大和田二・三丁目地区
土地区画整理事業地内9街区・10街区の一部
開発面積 W棟(パース左側) 約 61,000m2(約18,500坪)
E棟(パース右側) 約 29,000m2(約 8,600坪)
延床面積 W棟 約135,000m2(約40,700坪)
E棟 約 59,000m2(約17,900坪)
用途 物流倉庫
設計・施工 清水建設株式会社
構造・規模 鉄骨造
竣工時期 2019年秋(予定)

※記載の内容は計画中のものであり、行政機関との協議等に変更する場合がございます。