シミズのエンジニアリング > 土壌環境 > 自然由来汚染土壌への対応

自然由来汚染土壌への対応

現在、高速道路や軌道など地下空間を利用するインフラ整備計画が進められており、
工事が始まるとともに、大量の掘削土壌が発生する見込みです。
そこで問題となるのが自然由来の砒素汚染土壌の存在です。
大量の汚染土壌を敷地外に搬出し浄化するのは、コストや作業効率の面で大きな問題です。
そこで、当社では大深度地下工事にむけた、シールドマシン対応の浄化技術を開発しました。

シールド一体型砒素浄化・減容化技術(大深度地下シールド工事での砒素汚染土壌対策)

大深度地下工事で発生する大量の<br>自然由来砒素汚染土壌を高効率に浄化・減容化

砒素汚染土壌対策の最新技術


汚染土壌を最大で9割減容化、処理費用を7割削減

浄化・減容化処理のフロー

  • 首都圏での鉄道・道路整備事業の本格化に伴い、シールド掘進が想定される土丹層を含む土壌では、土壌の粒子径が小さいほど砒素濃度が高いのが特徴です。この特徴を利用し、汚染土壌を微細粒分、細粒分、粗粒分に分けて処理します。
  • 砒素抽出工程では、シールドスラリーに抽出薬剤を添加し、土壌粒子の砒素濃度を全体的に低減します。スラリー中の粗粒分は回収し、健全土として再利用します。
  • 微細粒分の分級工程では、スラリーに含まれる細粒分を分級装置によって回収し、健全土として再利用します。

微細粒分の分級装置

従来の処理施設では、微細粒分と細粒分をまとめて汚染土壌として場外処分していました。
微細粒分の分級工程を加えることで、地上処理工程を大きく変えずに、細粒分を分級・回収することが可能となり、減容化と費用削減が可能になりました。