シミズのエンジニアリング > 土壌環境 > シミズの原位置浄化技術

シミズの原位置浄化技術

早く、安く、確実に浄化するのが、シミズの原位置浄化技術です。
掘削することなく、原位置で分解することが可能な揮発性有機化合物や油による汚染には、バイオ処理、フェントン処理等多様な原位置浄化技術で対応します。

シミズの原位置浄化技術

バイオ処理「バイオスクリーン」「バイオショックロード」

中~低濃度の揮発性有機化合物(VOC)や油に汚染された土壌・地下水に対し、栄養剤を注入することによって、地盤中の微生物を活性化させ、生物的分解を促進させる原位置浄化技術です。
稼働中の工場等の建物下にも適用可能であり、有害な排水、排気ガス、騒音の発生がありません。

バイオスクリーン:注入井戸と揚水井戸を構築し、栄養剤を注入しながら地下水循環させる浄化工法。
バイオショックロード:低濃度な汚染に対し、一度の栄養剤の注入により浄化をする工法。


バイオスクリーン

バイオショックロード
VOCの微生物による分解反応図

嫌気性微生物に脱塩素化反応により、VOCの無害化を促進します。

バイオ処理「バイオバブルクリーン」

ベンゼンや油で汚染された土壌や地下水に対して、マイクロ・ナノレベルの微細な酸素気泡を含有した栄養剤を地下水中に注入することで、好気性微生物を活性化させて汚染物質を分解する原位置浄化技術です。
従来のスパージング処理技術に比較して、地上のガス回収設備が不要であり、短期間に低コストで浄化できます。


バイオバブルクリーン処理の概要

フェントン処理(原位置化学的酸化処理)

フェントン処理は、揮発性有機化合物(VOC)や油で高濃度に汚染された土壌・地下水に対し、フェントン試薬(過酸化水素と鉄イオン)を帯水層に注入し、フェントン反応によって生成したヒドロキシルラジカルの酸化力により、分解する浄化処理法です。原位置(非開削)で、装置が簡易なため、低コストかつ短期間に浄化処理が可能です。また、シルト率の高い土壌に対しては、攪拌法が適用可能です。

フェントン反応の概要