ページの先頭です。

このページは、清水建設 の中の清水建設とつくるスマートシティ の中の時代が求める ecoBCP-節電・省エネ(eco)+事業継続(BCP)-

ここから本文です。

時代が求める ecoBCP-節電・省エネ(eco)+事業継続(BCP)-

平常時の節電・省エネ(eco)対策と非常時の事業継続(BCP)対策を両立する施設・まちづくり

東日本大震災の経験を踏まえて、施設・街・社会には、様々な災害(リスク)に対する回復力・弾力性のあるレジリエント(resilient)な機能が求められるようになりました。企業の事業継続(BCP)と生活の継続(LCP)のためには、災害に対して安全・安心な施設、エネルギーの自立性確保等の「BCP対策」が必要です。また、平常時には地球的規模での社会要請である省エネルギーとCO2削減、ならびに電力需給逼迫時における確実な節電という「eco対策」も必要です。

清水建設のecoBCPソリューションのメリット

地球環境へ配慮した災害に強い施設として、資産価値の向上を図ることができます。

  • 平常時の快適な省エネと確実な節電を両立、ランニングコストを削減
  • 居住者・テナントへの高付加価値の提供、事業性の向上
  • 今後想定される連動型巨大地震に対する事業継続性の向上
  • 災害時におけるエネルギーの自立性を確保
  • 建設・運営・メンテナンスのトータルライフサイクルコストの削減

東日本大震災を踏まえて

従来から行ってきた平常時の環境配慮・省エネ(eco)対策に加えて、電力需給逼迫時における確実な節電・ピーク対策、非常時におけるエネルギーの自立性確保のための対策、事業の継続性(BCP:Business Continuity Plan)と生活の継続性(LCP:Life Continuity Plan)の一層の強化が必要となりました。

複合災害 対策技術

ページの先頭へ戻る
ここからフッターメニューです。