ページの先頭です。

このページは、清水建設 の中のシミズのスマートデータセンター® の中の理想を実現する技術

ここから本文です。

理想を実現する技術

シミズの確かな技術が、データセンターの理想のコンセプトを実現します。

理想のデータセンターを実現するためのシミズの技術を、以下の6つの視点からご紹介します。

データセンター建設を支えるシミズの技術

  • PUE(Power Usage Effectiveness):データセンターのエネルギー効率を示す指標
  • BCP(Business Continuity Plan):
    災害等の緊急事態時に、万一事業が中断した場合でも、事業中断によるロスを最小化する計画のこと

オーダーメード型の最適モジュール設計

シミズはお客様の事業内容の特徴を分析し、その結果を基に、“オーダーメード型の最適モジュール設計”を行います。

最適モジュール設計の流れ

お客様の事業内容により、求められるデータセンター像は大きく異なります。シミズは最適なデータセンター構築のお手伝いをいたします。

STEP1:特徴抽出

お客様の要望・特徴・事業内容にあわせたデータセンター構築の検討

お客様の特徴を分析し、新たなデータセンターに求められる要件を抽出します。

要件の抽出

STEP2:施設構成の検討

将来を見据えた施設構成の検討

STEP1の検討をもとに、将来のフレキシビリティを見据えた施設構成を検討します。

データセンターの施設構成

  • UPS(Uninterruptible Power Supply):無停電電源装置

STEP3:具体的なデータセンター計画へ展開

お客様に最適なモジュール化の提案

STEP2の検討をもとにして、具体的なデータセンター計画の中で、お客様に最適なモジュール化設計を提案します。

ユニット

耐用年数を意識したマルチレイヤーモジュール設計

●耐用年数毎にレイヤーわけして設計することで、長期間継続して、データセンター施設としての活用を
目指す

省エネ・PUE低減の提案-1

A.直接外気冷房によるPUE最小化

  • 直接外気をサーバ冷却用として活用し、動力機器(熱源、補機、CRAC)の低減によるPUEを最小化にする提案をします。

サーバー室空調システム概念図
サーバー室空調システム概念図

B.フリークーリング冷却方式によるPUE低減

  • セントラル熱源方式を採用するシステムにおいて冬期・夜間の外気温が下がることを利用して夜間クーリングタワーによる冷水のプレ冷却を行い、熱源機器の稼働率を下げてPUE低減を提案します。

フリークーリング冷却方式概念図
通常期/冬期

C.間接外気空調機

  • 建設される敷地の空気質を考慮し、直接外気を取り込むのではなく熱交換器を使って間接的に外気を利用したCRACを提案します。
    このシステムの採用により外部の空気質を考慮することが必要なく、PUE低減を図ることができます。

間接外気空調機
システム図 外観図

省エネ・PUE低減の提案-2

D.気化式外気空調システム

  • 直接外気を最大に利用した気化式空調システムの採用によりPUEを最大化した提案をします。
  • ASHRA基準の推奨値を少し緩和して利用し、季節により若干基準外となる時期があってもイニシャル・ランニングコスト低減による積極的な提案をします。
  • CRACに採用するファンは汎用型の圧力扇を設置し、安価な機器を採用することによりコストダウンを図ります。

システム構成図

ASHRAE推奨基準への挑戦
外気湿温分布

E.空調シミュレーションによる確かな検証

  • サーバ容量と空調方式について計画段階から省エネ及び環境性能を確保できる最適な空調システムの提案及び検証を行うために空調シミュレーション技術を活用して確かな技術の提案を行います。

平面図レイアウト 空気の流れの検証

データセンター特有の技術提案

建物免震+縦制振

  • 地震によるサーバーの破壊を防ぐためデータセンターでの建物免震が広く採用されています。
    建物免震で使用される免新装置は一般的に2次元免震装置です。
    そのため直下型地震等で発生する縦揺れに対応できません。
    縦揺れ対策として構造体にダイバーを設置し低減させる方法を提案します。

シミズ安震フロア

  • 床免震装置として2次元免震床・3次元免震床がありますが、非常に高価で装置を床面に設置するためスペースが大きく必要となり階高に大きく影響します。
    シミズは独自の技術でローコストで高さを低く抑えた簡易床免震システム「シミズ免震フロア」を開発しました。

電磁シールドシステム

情報漏洩・サイバーテロ等、情報セキュリティ対策としての電磁シールドシステムを提案します。

1.電磁波によるIT機器誤動作対策

  • 大型トラックのCB無線や鉄道でのパンダクラフから発生する電磁波等によりIT機器の誤動作に対してデータセンター内に入ってくる電磁波等を軽減させることができます。
  • 外部から強力な電磁波発生装置等により意図的にIT機器を誤作動させる目的で攻撃するサイバーテロから守るために電磁シールドを設置して防ぎます。

2.IT機器からの情報漏洩対策(TEMPEST)

  • IT機器から放射される微弱な電磁波を外部から特殊な受信機にて受信して情報を盗む情報漏洩を防止することができます。

建築資材の価格動向を見据えた最適な構法用品・機器等の提案

1.構法体の提案

  • 市場の価格動向を見据えた調達による最適構法を提案します。
  • 鉄骨材を再小化する構造検討を提案します。
  • 鉄骨造と鉄筋コンクリート造のコスト比較による最適な構造提案を行います。

シミズNew RCSS構法 Hy-Ecos構法

2.外装財の提案

  • 止水性能、結露対策、電磁シールド、側雷対策等の使用目的・性能に応じた提案を行います。
  • 市場動向を見据えた外装材の提案を行います。
    (金属パネル、PC板、アスロック材、ALC材等)

3.その他の物品・機器の提案

  • 海外品を含めたフリーアクセスフロア材の最適提案を行います。
  • 発注量の多い特高受変電設備・発電機設備・UPS設備のメーカーとの価格交渉も含めコスト削減を提案します。
ページの先頭へ戻る
ここからフッターメニューです。