本文へ

サステナビリティ・リノベーション事業を展開

~環境・BCP・WELL改修により、経年ビルの物件価値を最大化~

  • サステナビリティ
  • ストックマネジメント
  • 建築技術

2017.09.01

清水建設(株)<社長 井上和幸>は、長期ビジョンで示したサステナビリティ事業、ストックマネジメント事業を融合した新たな事業として、設備更新期を迎えた既存建物を自社取得した上で、最新の環境性能、BCP性能、健康・快適性(WELL)を備えた建物に再生し、物件価値の最大化を図る「サステナビリティ・リノベーション事業」を展開します。今後、自社施工の既存ビルを中心に、年間3~5物件の事業化を目指します。

サステナビリティ・リノベーション事業では、当社が事業スキームの組成、リノベーション工事の計画・設計施工を手掛ける他、リノベーション後のPM・BM業務も当社グループ会社が担当し、物件価値の維持・向上を図ります。第一弾事業として、築22年が経過した当社施工の事務所ビル「DSBグループ潮見ビル(東京都江東区)」の信託受益権を2017年3月に取得。現在、既存テナント(一棟借り)の入居を継続したままリノベーション工事を進めています。

本事業のリノベーション工事では、BCP強化、省エネルギー化、健康・快適性(WELL)の向上を柱とした大規模改修を実施しています。BCP強化については、非常用電源・空調・給排水の72時間対応、天井等の非構造部分の耐震化、水害対策等、省エネルギー化については、照明器具のLED化、トイレの節水対応等、WELL向上については、トイレ・給湯室の更新、シャワー室新設、照明器具の調光・可変色温度機能付加等が主な改修メニューとなります。

こうしたリノベーションによるテナント満足度の向上に伴い、テナント企業と新たに長期の賃貸借契約を締結し、当ビルの信託受益権をヒューリック(株)に売却しました。

以上

≪参 考≫

「DSBグループ潮見ビル」物件概要

所在地 東京都江東区潮見2-9-15
構  造 鉄骨鉄筋コンクリート造
規  模 地下1階 地上10階
延床面積 26,903m2 (基準階面積 1,921m2
用  途 事務所
設 計 者 株式会社三菱地所設計
施 工 者 清水建設株式会社
竣工年月 1995年4月

ニュースリリースに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。