本文へ

IoT基盤を活用し、オフィスの使われ方を見える化

~効率的なオフィスのあり方を追求し、働き方改革に貢献~

  • サステナビリティ
  • 建築技術

2017.08.29

清水建設株式会社
NTTテクノクロス株式会社

清水建設(株)<社長 井上和幸>とNTTテクノクロス(株)<社長 串間和彦>は共同で、NTTテクノクロス横浜事業所(横浜市西区みなとみらい四丁目)において、IoT基盤とビックデータを活用してオフィスの使われ方を見える化する共同実証を行います。実証期間は9月~3月までの7か月を予定しています。

この取組みでは、清水建設(株)が開発した「施設内IoT基盤システム」(*1)とNTTテクノクロス(株)が提供するデータの解析・見える化システム「Yellowfin」(*2)を活用します。具体的には、施設内IoT基盤システムを介してIoT無線センサ(*3)が計測した人やモノの動きに関するデータを集積してビッグデータ解析を行い、Yellowfinにより解析結果を目的に合わせて見える化します。なお、データ解析には様々な種類のビックデータを効率よく扱うことができるオープンソースソフトウェアの検索エンジン「Elasticsearch」(*4)を採用します。

NTTテクノクロス横浜事業所では、入居する横浜アイマークプレイスのオフィス執務スペースの使われ方を見える化することにより、より効率的なオフィスの使い方やあり方を追求します。使用するIoT無線センサは約50台で、打合スペースの机や階段、通路には人感センサ、椅子には振動センサ、トイレの各ブースにはドアの開閉センサを設置し、各執務スペースの利用人数や利用時間帯、利用頻度などの各種データを計測、見える化します。

例えば、打合せスペースの使われ方については、よく利用される時間帯や曜日、1回の打合せにかかる時間、机や椅子の利用頻度などをグラフィック表示により一目でわかるように見える化します。その結果を踏まえて、打合せの曜日や時間帯を設定したり、打合せスペースの過不足を見直すことにより、オフィスの使い方やあり方の最適解を求めて、生産性を向上させ、働き方改革につなげていきます。

清水建設(株)は今後、施設内IoT基盤システムを活用して、オフィスのレイアウト変更や施設の改修など、オフィスビルの効率的な運営管理のあり方を提案するとともに、人やモノの動きと連動した新たなビル管理システムの構築をめざします。一方、NTTテクノクロス(株)は、今回の実証実験によりElasticsearchのデータをYellowfin上に取込んだIoTデータ分析の適用検証を行い、案件でのIoTソリューションへの普及展開、販売促進に取り組みます。

以上

≪参 考≫

■施設内IoT基盤システム(*1)

清水建設(株)が新規開発した施設向けのIoT基盤システム。施設内に設置する多数のIoTセンサが取得する様々な計測データを一元的に収集し、建物統合データベースにて蓄積・解析を行う。施設運用改善・維持管理・修繕更新といった施設特有の付加価値向上サービスに展開予定。

■Yellowfin(*2)

2003年にオーストラリアでYellowfin社が開発したデータ分析ツール。世界で200万人以上のユーザが利用し、Webブラウザのみで利用でき、さまざまな外部ツールとも連携できることが特徴。

■IoT無線センサ(*3)

市販のIoT無線センサを用いる。安価で小型であり、どのような場所にも設置でき、台数や種類を増やすことで、施設運用に関する豊富なデータを取得できるため、ビックデータとしての価値を高めることができる。

■Elasticsearch(*4)

大容量のデータを扱うことができる全文検索エンジンだが、近年、高機能のデータベースとして、IoTのセンサデータを取り込むために利用する企業が増えている。

■システム構成

■見える化の画面例

ニュースリリースに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。