ロボットがエレベータシャフト内のアスベストを封じ込め

~業界初のアスベスト封じ込め材吹付けロボット~

  • 建築
  • 環境
  • エンジニアリング

2012.01.26

清水建設(株)<社長 宮本洋一>はこのほど、エレベータシャフト内のアスベスト対策工事の効率化と作業員のアスベストばく露量の低減を目的に、業界初となるアスベスト封じ込め材の吹付けロボット「SHAF-BOT」を開発、都内の超高層ビルで実証工事を行い所定の性能を確認しました。

リニューアル工事に伴うアスベスト対策工事では、「除去」か「封じ込め」または「囲い込み」のいずれかの対策工法が採用されます。これまでは、除去工法が多くの工事で採用されてきましたが、超高層ビルのエレベータシャフト内の作業では、封じ込め工法が工期・工費とも圧倒的に有利になることから、同工法の採用を希望する発注者が増えています。SHAF-BOTはこうしたニーズを踏まえて開発したものです。

SHAF-BOTは、既設エレベータ搬器(エレベータのかご)の上に設置します。このため、装置の軽量・小型化を図り、重量を90kgに抑えています。また、軽量ゆえ全ての駆動モータが80W以下になり、労働安全衛生規則の適用対象外になったことから、ロボットと作業員による協調作業が可能になりました。それにより、ロボットのセンシング機能とベテラン作業員の目による品質のダブルチェックなどが可能になります。

ロボット本体は、3次元形状計測センサーと吹付け機構部が組み込まれた十字フレームおよび、レーザー距離計が搭載された設置架台から構成されています。機能上の特徴は、エレベータ搬器を降下させながら、レーザー距離計によるエレベータの高さ計測と3次元形状計測センサーによる壁面の凹凸形状計測を繰り返すことで、エレベータシャフト内の壁面形状全体の3次元データベースを構築できることです。一方、吹付け機構は、データベースから吹付け対象部位を認識しながら、封じ込め材を1m2当たり1.2kgずつ均一に吹き付けできます。吹付け能力は、凹凸のない壁に対して0.4m2/分となります。

作業手順は、初めにエレベータシャフトの最上部から最下部までエレベータ搬器を12m/分のスピードで降下させ、壁面形状認識システムにより壁面形状全体のデータベースを作成します。続いて搬器を再び吊り上げ、吹付け機構が最上部から高さ0.9mずつ封じ込め材を吹き付けては、エレベータを順次降下させていきます。

なお、設置架台と十字の垂直フレームが連結されており、壁面に対して架台自体が左右・前後方向に移動、さらには端部が吹付けノズルになっている水平フレームは垂直フレーム上を上下方向に移動するとともに垂直フレームを起点に回転することで、吹付け対象部位とノズルとの距離と角度を適正に保ちながら、所定の吹付け厚を確保します。作業員は、ロボットが吹付け立面を1面吹き終えるごとに、ロボットの設置方向を次の吹付け立面に合わせて変えます。

SHAF-BOTの採用により、人手による作業に比べ、工期と工費を20%、作業員のアスベストばく露量を50%削減できる見込みです。また、事前に壁面形状等のデータ入力、いわゆるティーチングが不要なことも大きなメリットです。当社は、本ロボットを武器に、ストックマネジメント事業の核となるリニューアル工事の受注拡大に取り組みます。

以上

ニュースリリースに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。