Yishun Community Hospital

  • 建築
  • 医療・福祉施設
  • シンガポール
  • 2015年

施工担当者から

Yip Shaw Chong

当地の高齢者増加に伴う病床不足解消を目的とした病院。関係部署のサポートや日本の工業化工法(PCSS工法、巻き付け耐火被覆材)の採用、現場スタッフの懸命な働きにより厳しい工期内に竣工できました。

発注者Ministry of Health
設計・監理CIAP Architects
工期2014年2月~2015年12月
構造・規模RC造、PCSS造 B2-9F(事務所棟)、10F(病棟)
延床面積70,257m2
所在地シンガポール

> 病院づくり "病院の未来をつくる"お手伝い

3階 病室
10階 ジム
外面
3階 屋外
検索結果へ戻る