ランプセントラルタワー

  • 建築
  • 空港・港湾
  • 千葉県
  • 2020年

施工担当者から

工事長
井鍋 悟

制限の多い空港敷地内で、特殊な形状、構造を持つ高さ約59mの建物を施工。本社関係部署の協力の下、日本の玄関である成田国際空港にシンボリックな新しいランプコントロールタワーを完成させることができました。

発注者成田国際空港株式会社
設計・監理成田国際空港
工期2017年2月〜2020年6月
構造・規模S造、RC造 5F
延床面積1,653㎡
所在地千葉県成田市
内観
中央運用室
エントランス
外観(夜景)
検索結果へ戻る

このページに関するお問い合わせはこちら