金町浄水場常用発電PFIモデル事業

  • 建築
  • 工場・研究所
  • 東京都
  • 2000年

PFI法施行前の1999年1月に東京都水道局による事業者の公開募集が行われた、国内初のPFI事業です。IHI、電源開発とともにSPCを設立し、2000年10月から20年間にわたり金町浄水場に電力と蒸気を供給しています。

SPC名金町浄水場エネルギーサービス
工期1999年10月~2000年9月
運営2000年10月~2020年10月
事業概要震災対策及び環境対策の一環として、浄水場内にガスタービンコージェネレーション
システムを設置・運営し、水道局に電力及び蒸気を供給(販売)します。
事業方式サービス購入型、BOO形式
施設概要1.発電装置:ガスタービンコージェネレーションシステム
(航空機転用型)定格出力12,280Kw/2台
(外気温度15℃)(燃料 都市ガス/非常時は灯油)
2.ボイラ:二胴自然循環式 定格発生蒸気熱量57,200MJ/h
所在地東京都葛飾区