中部大学15号館

  • 建築
  • 教育・文化施設
  • 愛知県
  • 2018年

設計担当者から

設計長
石川 智博

新設の宇宙航空理工学科の研究施設。外観はキャンパス内の他施設となじむよう、柱・梁を意匠として見せてパターン化しました。直天井やガラス張りの配管スペースにより設備機器を見える化し、工学部らしさを演出しました。

施工担当者から

工事長
山田 研吾

歩行者と車両が交錯する学校敷地内で、学生や教職員への災害防止に最大限配慮して施工しました。設計施工の強みを生かし、建物を使う側の視点で細かな配慮を行い、無事に無災害で竣工を迎えることができました。

発注者学校法人中部大学
設計・監理清水建設株式会社
工期2018年1月〜2018年11月
構造・規模RC造 5F
延床面積2,738㎡
所在地愛知県春日井市
エントランスホール
2階 廊下
4階 実験室
5階 超伝導実験室
検索結果へ戻る