富山県美術館

  • 建築
  • 教育・文化施設
  • 富山県
  • 2016年

施工担当者から

工事長
亀井 優

富山駅の北、富岩運河環水公園の一角に、富山の県産品であるアルミをふんだんに使った、美しいデザインの美術館が完成しました。指定された厳しい工期の中、鉄骨建方開始の時期を守るべく、基礎工事とのラップ作業を計画。幸い冬場の天候にも恵まれ、基礎工事期間を2カ月短縮することができました。また、鉄骨工事では、曲面の外周部およびメインフレームのメガトラスの架構という難しい納まりを、社内の技術スタッフの支援を受け、問題なく施工することができました。この美術館が、長く富山県の皆さんおよび関係者から愛されることを願っています。

発注者富山県
設計・監理内藤廣建築設計事務所
工期2015年5月~2016年12月
構造・規模RC造、SRC造、S造 4F-PH1F
延床面積14,975m2
所在地富山県富山市
富岩運河環水公園から見た美術館
2階ホワイエ。窓際のベンチからは立山連峰を望む
展示室内の様子
県産材「ひみ里山杉」の仕上げが美しい廊下
検索結果へ戻る