鹿野川ダムトンネル洪水吐

  • 土木
  • ダム・河川・砂防
  • 愛媛県
  • 2019年

施工担当者から

工事長
小川 正博

低いダム湖水位でも放流能力を確保できるトンネル洪水吐を、当社施工の既設ダム湖内に新設。難度の高い工事でしたが、工事着手から9年目の6月から運用開始。肱川流域の安全安心な暮らしに寄与することができました。

発注者国土交通省
設計日本工営株式会社
工期2011年2月〜2019年11月
構造・規模・流入水路工:47m
・吞口立坑工:内径17m、深さ41m
・トンネル工:内径12m、長さ457m
・吐口ゲート室:幅20m、高さ22m、長さ30m
・減勢工:幅17m、高さ39m、長さ69m
所在地愛媛県大洲市

このページに関するお問い合わせはこちら