本文へ

宇宙ホテル

宇宙ホテル

宇宙旅行産業の発生 -宇宙旅行が現実に-

太古の昔から、人々は宇宙に行きたいと夢みてきました。
これまでは宇宙飛行士しか行けませんでしたが、近年では民間人でも宇宙を体験できるようにするための活動も進められ、いよいよ宇宙旅行が産業として始まろうとしています。
シミズでは、このような宇宙旅行の時代を早くから予見し、「宇宙ホテル構想」を提案しています。

宇宙ホテル構想

宇宙ホテルは、エネルギー・サプライ、客室モジュール、パブリック・エリア、プラットフォームの4つの部分で構成されている全長240mの大型宇宙構造物です。低軌道に浮かぶ宇宙ホテルでは、訓練を受けていない一般の人々が宇宙旅行を楽しむことができます。
宇宙旅行の最大の目的は「地球を観ること」です。旅行客は透明なブルーに輝く地球、薄い大気のベール、美しい雲、地球の夜明けを見ることができます。また、天体観測や無重力空間でのスポーツや食事、地球との交信などをして過ごします。

エネルギー・サプライ

展開型の太陽電池パネル、バッテリーにより宇宙ホテルで使用するエネルギーを確保します。

客室モジュール

64の客室モジュールを含む104の個室モジュールが、直径140mのリング上に配置されています。リングが1分間に3回転することによる0.7Gの人工重力空間になっており、地球上とほぼ同じようにくつろぐことができます。

客室モジュール
客室モジュール

パブリック・エリア

四六複合基準体で構成された大空間で、ロビー、レストラン、アミューズメント・ホールなどからなり、宇宙環境ならではの食事体験や、スポーツ・各種娯楽などを楽しむことができます。

パブリックゾーンの大空間
パブリックゾーンの大空間

プラットフォーム

宇宙旅行客や物資を乗せた輸送機が離発着します。