本文へ

長寿命コンクリート

(長寿命・高耐久性コンクリート)

概要

おもな特徴

  • 200年仕様コンクリート
    ・品確法の劣化対策等級3を超える鉄筋コンクリートの超長寿命化を実現。
  • 100年仕様コンクリート
    ・最適な調合設計と性能検証により劣化対策等級3を合理的に実現。

コンクリートの合理的な調合設計や中性化・乾燥収縮ひずみ・ひび割れなどの最新の評価技術により、高耐久で長寿命な鉄筋コンクリート構造躯体を提供します。

具体的技術内容

  • 200年仕様コンクリート
    水セメント比45%以下、単位水量170kg/m3以下を基本。
    乾燥収縮ひずみ6.5×10-4以下を基本(上部構造の場合)。
    かぶり厚さ信頼設計、並びに低収縮骨材選定、混和材料等の調合修正。
  • 100年仕様コンクリート 耐久設計基準強度30N/mm2以上、 単位水量175kg/m3以下を基本。

打継ぎのあるコンクリートの中性化深さと埋設鉄筋腐食状況(屋外暴露5年の結果)
等級2のコンクリートは中性化が速く、特に打継ぎ部の中性化と鉄筋腐食が顕著。
等級4(200年仕様)は中性化、鉄筋腐食とも殆どなし。