地中連続壁工法「SSS工法」

土地利用の高度化により、優れた耐震性とも相まって、地下空間の利用は今後ますます増加していきます。
SSS工法は開発以来、数々の新技術を取り入れ、建築・土木のさまざまな用途に利用された、利用範囲の広い地下構築工法です。

  • 本体壁・基礎杭・遮水壁・山留め壁などさまざまな用途に、幅広く利用できます。
  • 多様な地盤に対応でき、周辺の地盤に影響することなく、安全確実に低騒音・低振動で施工できます。
  • 鉄筋コンクリート構造とした地下構築工法は、日本建築センターによる一般評定を取得しています。

概要

SSS工法は、用途・目的・規模に応じて多様なバリエーションがあり、より経済的に最適な仕様を選定できます。

実績・実例

  • ホテルニューグランド新館基礎工事
  • 知多LNG地下式貯槽(16万kリットル)工事
  • 白鳥大橋第4橋脚下部工事
  • みなとみらい21線高島駅建築工事
  • 埼京線北与野・大宮間高速埼玉東西連絡道
  • 新設工事

施工実績150万m2以上

関連情報

実績紹介