本文へ

経営理念

経営の基本理念

当社は渋沢栄一翁の教えである、道徳と経済の合一を旨とする「論語と算盤」を経営の基本理念としています。この理念のもと、ものづくりへの真摯な姿勢と絶えざる革新志向により、お客様の期待を超える価値を提供し続けます。

経営理念

英語ロゴ
地球社会への貢献
Socio-dynamism
環境保全活動、文化活動等の活動のみならず、環境とバランスのとれた社会的、文化的に価値のある優れた品質の建造物・施設をグローバルに建設する。
人間尊重
Humanity
従業員が快適で意欲をもって働けるような環境を作りだす。
革新志向
Innovation
役員、従業員全員が常に革新的姿勢で業務にあたり、事業展開、営業活動、研究・開発、業務・経営革新に取り組むことにより、絶えず企業として成長・発展を図っていく。
顧客第一
Market-in
常に顧客の立場に立って考え行動し、顧客に役立つことにより当社も適正な利潤を頂くことを基本とする。
情熱
Zeal
何事にも情熱をもって取り組む

コーポレートメッセージ

日本語ロゴ
日本語ロゴ
英語ロゴ
英語ロゴ

企業が社会の一員として、その責任を果たすこと、さらには積極的に社会に貢献することが強く求められる時代となりました。企業の経済的価値ばかりでなく、理念や品格が問われていると言ってもよいでしょう。

企業は社会に向けて、しっかりと自らの姿を示すことが必要です。社会に認められる努力を惜しまず、社会が求め、必要とする存在となることを目指さなくてはなりません。

そこで「清水建設」を広く社会に認知していただき、また「シミズらしさ」を一般の方々にも正しく理解していただこうという強い想いで、コーポレートメッセージを作りました。

子どもたちに誇れるしごとを。

コーポレートメッセージには、こんな想いを込めました。

“子どもたち”―これは次の世代、次の時代へのつながりを示唆するとともに、当社を見つめる社会の純粋な目を象徴しています。

私たちは誠実さと強い責任感を持ちながら、社会人として恥じない、そして専門家として誇れるような仕事をし、次の時代に財産となるものを残していかなければなりません。

そして、あらゆるプロセスの業務、一人ひとりが取り組むすべての活動や行動に、その姿勢を反映させるという固い決意、約束をこのメッセージで宣言します。

Today's Work, Tomorrow's Heritage

海外向けのコーポレートメッセージにある“Heritage”は、世界遺産(The World Heritage)で馴染みがありますが、本来は「伝統的な信条・価値・品質」といった意味を持つ言葉です。

私たちは誠実さと強い責任感を持ちながら、社会人として恥じない、そして専門家として誇れるような仕事をし、次の時代に財産となるものを残していかなければなりません。

歴史に培われ、これからも歴史をつくり続けるという当社らしさを、そして、あらゆるプロセスの業務、一人ひとりが取り組むすべての活動や行動に、その姿勢を反映させるという固い決意、約束を、海外の方々に理解していただけるように表現したメッセージです。