代々にわたって
受け継がれてきた信頼を
未来へつなぐために。

秋月 千里
2019年入社 | 文学部 文学科 卒
営業
SHIMZ Person
清水建設の人
01 就職活動時 / 入社当時

地元にできた一本の道路が
この業界を志すきっかけに。

私が学生の頃、地元の和歌山県に一本の道路ができました。それによって新たな雇用の創出や災害時の避難経路の確保につながり、多くの人たちの暮らしに大きな影響を与えたのです。その経験から、就職活動では「自分の仕事によって社会に大きな影響力がもたらせるかどうか」を軸にして志望する業界を絞っていきました。企業研究やOB訪問を繰り返す中で、日ごとにゼネコンの仕事に魅力を感じるように。しかし、大手ゼネコンの場合、携われる案件量や規模に大差はなかったので「人」を見て志望する企業を決めることにしました。各社の社員の方々に数多く会う中で、清水建設の人たちはとにかく誠実で「この人たちと一緒に働きたい」と思い、入社を決意。実際に当社の社員となった今、就職活動中に受けた印象は間違っていなかったと実感しています。 入社当時は建築関連の知識がまったくなかったので、社内関連部署との調整や連携がスムーズに行えず苦労しました。今もまだまだ勉強中ですが、関係部署の方々と自分が理解できるまでしっかり話をするよう努め、少しでもスムーズに仕事が進められるようにしています。
02
現在の仕事 / 大切にしている想い

常に顧客目線を心掛け
お客様のご要望に沿った提案を。

建築営業として、名古屋に拠点のある企業や学校法人を担当しています。私の主な仕事は、定期訪問を行いお客様と信頼関係を築いていく「営業活動」と、案件が出てきた場合に受注までのストーリーを描き、社内関連部署をまとめていく「受注活動」の二つです。社内関連部署と協力してつくりあげた成果物に対する、お客様の反応をダイレクトに感じられる点に営業としてのやりがいを感じています。 仕事における私のこだわりは、顧客目線を持ち続けること。その理由は、営業に求められる大切なことの一つが「お客様は何を考え、何を成し遂げたいのか」を適切に捉え、社内関係部署に展開することだからです。建築が専門分野ではないからこそ持てる「建築を知らない一般的感覚」を武器に社内関連部署と調整し、お客様に納得いただける提案をしていきたいと考えています。
03
叶えたい未来
当面の目標は、営業職としてお客様との関係を守り続けることです。私の担当顧客の中には、設立当時から特命でご発注いただいているお客様もいらっしゃいます。代々の先輩たちが大事につないできたお客様との関係を、自分の代で閉ざすことは絶対にできません。清水建設の「顔」として、これからも責任感と緊張感を持って日々の仕事に取り組んでいきます。
04
あなたにとっての
“子どもたちに誇れるしごと”とは?
私にとっての“子どもたちに誇れるしごと”とは「人とのつながりを大切にして成し遂げる仕事」です。営業職の仕事としては、お客様のために受注前、施工中、竣工後と各フェーズの関係者にバトンをつないでいく必要があります。そのバトンリレーの走者として責任を持って走り、次の走者に確実にバトンをつなぎ、しっかりとお客様の待つゴールにたどり着く。それができたときに「子どもたちに誇れる仕事ができた」というやりがいが感じられるのだと考えています。

One day schedule

  • 7:45-
    出社
    経済新聞や地方紙を読み情報収集。お客様幹部の人事異動などの情報があれば、電報や贈答品の手配を行う。
  • 8:30-
    社内関連部署との調整
    お客様からの依頼を社内関連部署に展開し、案件推進を図る。
  • 10:00-
    お客様訪問
    新規得意先へ訪問。新たな当社のファンをつくれるよう働きかけることも営業としての大事な仕事。
  • 12:00-
    昼食
    お客様の施設の周辺でランチをすることも。次回訪問時のお客様との会話のきっかけづくりにも最適。
  • 13:00-
    お客様訪問
    現業部署、設計部署と共に見積提出。事前に各部署とよく話し合い、お客様にご納得いただけるよう入念に準備。
  • 16:00-
    社内資料作成
    各会議体の資料やお客様への訪問記録を作成。
  • 18:00-
    懇親会
    仲の良い先輩と支店付近のお店で乾杯!

My day off

休日の朝は、大学時代から続けているホットヨガに行くことが多いです。たくさん汗をかきながら体を動かすことで、心身共にリフレッシュすることができます。また、お酒を飲むことが大好きなので、気になっているお店に飲みに行くこともしばしば。お客様との会食に使えそうなお店の事前リサーチにもなるので、仕事にも活きる趣味の一つになっています。