事業紹介

「建設事業(建築、土木、海外建設)」を柱に、非建設事業である「不動産開発」「エンジニアリング」「LCV(ライフサイクル・バリュエーション)」「フロンティア」の4分野で事業を展開しています。

建設事業

非建設事業

建築事業

オフィス、工場、学校、病院など、多岐にわたる建物の企画提案、設計、施工、運営・維持管理を行っています。
医療・福祉施設の受注高は国内トップを誇るほか、創業者の清水喜助が日光東照宮の修理工事や江戸城西丸造営などを手掛けた由縁から、社寺建築・伝統建築にも多くの実績を持っています。また、自社内に木工事や木工製作を行う東京木工場があるのも特徴です。
近年では、生産性向上に向け、ロボット技術を駆使した施工にも挑戦しています。

さらにくわしく知りたい方へ

土木事業

トンネル、橋梁、ダムや都市土木、エネルギー施設など、土木構造物の設計、施工、リニューアルを行っています。
1970(昭和45)年に日本初のLNG(液化天然ガス)地下タンクを完成させて以降、日本に現存する大型LNG地下タンクの約半数は当社が施工しています。
また、東京湾アクアライン川崎トンネル浮島南工区、地下鉄大江戸線上広・元浅草工区、八ツ場ダム、東京外かく環状道路本線トンネル(南行)大泉南工事など、難易度の高い工事にチャレンジし、技術力と実績を着実に積み重ねています。

さらにくわしく知りたい方へ

海外建設事業

1970年代から海外に進出し、約60カ国で施工実績があります。
1974(昭和49)年にシンガポールに拠点を構えて以降は、東南アジアを中心に世界各国で、生産施設や超高層ビル、病院、橋、地下鉄などの建設に携わっており、各国の発展と人々の快適な暮らしに貢献しています。

さらにくわしく知りたい方へ

不動産開発事業

建設事業で蓄積した技術とノウハウを活かし、オフィスビルや物流施設などの不動産開発を行っています。自社ブランドとして、オフィスビルは「アイマークビル」シリーズ、物流施設は「S・LOGi」シリーズを展開中です。 2011(平成23)年には不動産開発事業でも海外に進出。東南アジアでコンドミニアムやデータセンター、オフィスビルなどを手掛け、今後は北米にも事業エリアを広げていきます。

さらにくわしく知りたい方へ

エンジニアリング事業

「エネルギー」「環境」「プラント」「情報」という基幹4分野のEPC(設計・調達・建設)事業に注力し、脱炭素社会と安全・安心・健康な生活環境の実現に取り組んでいます。

エネルギー分野 太陽光・風力(陸上・洋上)大型案件のEPC事業拡大
環境分野 汚染土壌浄化技術等の深化による幅広い環境浄化エンジニアリング
プラント分野 高度生産施設における高効率化・自動化対応等によるターンキー受注
情報分野 施設用途・顧客ニーズに応えるICTシステム・エンジニアリング

さらにくわしく知りたい方へ

LCV(ライフサイクル・バリュエーション)事業

建物やインフラ、エネルギー、まちのライフサイクルにわたり、持続的な価値向上と利用者の満足度向上を実現し、サステナブルな未来を築いていく事業です。
「BSP(ビルディング・サービスプロバイダー)」「エネルギー・インフラ運営」「ICT・スマート」の3事業が連携して、事業参画・投資を含めた包括的なサービス・ソリューションを提供します。

BSP事業 竣工後の施設運営管理サービスを提供
エネルギー・インフラ運営事業 再生可能エネルギーを利用した発電・売電、インフラのメンテナンスやメンテナンスやPPP、コンセッションなどインフラ経営の合理化・収益向上に貢献
ICT・スマート事業 スマートシティの事業化やICT技術を使ったサービスを提供

PPP:パブリック・プライベート・パートナーシップ。公共・民間が連携して公共サービスの提供を行うスキームのこと

さらにくわしく知りたい方へ

フロンティア事業

「海洋開発事業」「宇宙開発事業」「自然共生事業」「事業投資(スタートアップ)」の4つのフロンティア分野において、早期の事業化に向け取り組んでいます。
1980年代から取り組み始めた海洋や宇宙などの未利用空間の開発構想を、研究開発段階から事業化へと展開するため、2018年4月1日に「フロンティア開発室」を新設しました。

さらにくわしく知りたい方へ

おすすめコンテンツ