軟弱地山対象の矩形断面トンネル構築工法「パドル・シールド®工法」

軟弱地山を対象とした矩形断面図トンネルを構築する技術です。
従来のシールド機にはない画期的な形状のカッタを装備した密閉型矩形シールド機を使用するもので、効率的・経済的な工法です。

概要

パドル・シールド機は、土砂を切削する軸付き横配置のカッタが複数段配置され、上段のカッタは前方へのスライド機構を備えています。カッタ背後のチャンバー内にはパドルスクリューを装備し切削土砂の強制撹拌と切削土砂を搬出するスクリューコンベアへの受け渡しをします。
小土被り掘削時は、上段カッタで先行掘削を行い、下段のカッタで掘削しながらシールド機を前進します。上段カッタの先行掘削により先受け効果を発揮し、地表面沈下を大幅に抑制します。 さらにパドルスクリューの強制撹拌により、チャンバー内で土砂の均質な塑性流動化が得られ、均質な圧力で地盤を保持するため地盤の変状を抑える事ができます。

掘削パターン

掘削パターン

実施工

実施工

関連情報

ニュースリリース