シミズ・クールカット(低振動・低騒音解体)

シミズ・クールカットは、SRC造やRC造建物の各部位を適度な大きさのブロックに切断解体する、環境負荷の少ない業界初の解体システム工法です。工法の核となる解体装置は、(株)コンセックと共同開発した油圧ショベルのアーム先端で稼働するアタッチメント「クールカット」です。クールカットには、柱・梁の切断作業の効率化に必要な一切の機能を集約しています。粉塵や騒音、振動が少ないため、市街地や病院・学校などに隣接した場所など、環境負荷低減が求められる解体工事に適しています。

  • 従来の解体工法と比較して、粉塵量を90%、騒音を24%削減でき、振動も生じないことが、実証施工により確認されています。
  • 装置の移動・組立に時間のかかる従来引き切りワイヤソー工法に比べ、作業速度は早く、地上部の解体工期を20%短縮できる見込みです。

概要

建物の部位を適度な大きさのブロックに切断解体していく、ブロック切断解体がベースになっています。特徴は、柱・梁の切断作業を効率化するため、ワイヤソーの巻きつけ作業が不要な押し切り型ワイヤソー切断方式をクールカットに採用したことです。クールカットに集約した機能は、押し切り型のワイヤソー切断機能をはじめ、切断対象部材の把持機能、駆動機能、ワイヤソーの過熱・摩耗を防止する冷却機能、タッチセンサーなどの各種センサー等です。なお、床や壁の解体については、既存のカッター類によりブロック切断解体を行います。

クールカットの操作方法

  1. オペレーターが油圧ショベルを切断対象部材の近くまで移動するとともに、専用のサポート治具で切断対象部材を保持します。
  2. 縦室内に新設したタッチパネルを操作して、クールカットで切断対象部材を把持して切断します。
  3. 切断部材をクレーンで吊り、荷重が移った時点でサポート治具を脱着し、切断部材を撤去します。
技術研究所における実証施工の状況
技術研究所における実証施工の状況
油圧ショベルのアーム先端に装備したクールカット
油圧ショベルのアーム先端に装備したクールカット
クールカットの概要図
クールカットの概要図

実績・実例

  • 当社技術研究所旧多目的実験棟解体工事(RC造解体実証施工)
  • 当社広島支店作業所(SRC造解体実証施工)

関連情報

ニュースリリース

このページに関するお問い合わせはこちら