本文へ

2016年7月27日 夏休み高校生セミナーを開催

今年の夏休み高校生セミナーは「省エネルギー」「地震防災」「生物多様性」の3テーマで開催しました。今回は首都圏の高校生だけでなく、名古屋や広島からもご参加いただきました。

「省エネルギー」では、技術研究所での省エネルギーの取り組みを通して、建物自体の省エネや輻射空調など機器の省エネ、エネルギーマネジメントなどを学び、「地震防災」では、先端地震防災研究棟での地震体験による免震効果の体感や、オープンデータを活用した災害リスクマップの作成を、「生物多様性」ではビオトープでの生物観察から都市緑化と生態系の関係についての考察を行いました。皆さん、自身が興味を持っているテーマはもちろんのこと、建設に関わる様々な分野のプログラムに積極的に取り組まれていました。

    

参加者からは「生物多様性に興味があって参加したが、建設の仕組みや地震対策も知ることができて良かった」「実習も多く、最先端の研究を見学・学習できて、とても楽しかった」「建物の構造から環境への配慮まで、“論じる”だけでなく“実行する”姿勢に感動した。参加できて本当に良かった」などの感想をいただきました。