本文へ

2011年1月19日(水) 2010年度第4回セミナー「ものづくりの現場から」(更新2011/1/21)

2010年度最後のSOAセミナーのテーマは「ものづくりの現場から」。現場で実際にものづくりを担当している、当社の所長2名が臨場感あふれるお話をしました。

建築の現場は「いしかわ総合スポーツセンター」、土木は「余部(あまるべ)鉄橋の架け替え工事」。普段なかなか知ることのできない、建設に至るまでの歴史や地元の方々の思い、現場で発揮されたものづくりの知恵、苦労やそれを乗り越えた充実感について、熱く語りました。

今回は、約40名の方々にご参加頂きましたが、参加者の中には、建築・土木を学ばれている学生さんが多く、みなさん、興味深く講演者の話に耳を傾けていました。

    

その後の所内見学では、ものづくりに関連した施設を主にご案内しました。「余部鉄橋架け替え工事」については、工事のプロセスや、風環境シミュレーションの結果などを、3D映像でさらに詳しく紹介しました。また歴史展示室では、突貫工事であった東京・代々木体育館の施工について、当時の貴重な映像とともにご説明しました。

参加された方々からは、「とても勉強になった」「非常に有意義な時間を過ごした」「建設について、もっと知りたいと思った」などのコメントを頂きました。