豊洲エリアで大規模複合開発計画が始動

~総延床11万m2超、賃貸オフィスとホテルを一体開発~

  • サステナビリティ
  • 経営

2018.06.18

清水建設(株)<社長 井上和幸>の開発・設計・施工により、東京都江東区の「豊洲六丁目4-2街区・4-3街区」において、大規模賃貸オフィスビルと豊洲エリア最大規模のホテルを核とする総延床約116,000m2の一体複合開発計画が始動します。2018年6月18日の都市計画決定を経て、19年春頃の着工、20年度内の竣工を目指します。投資額は約600億円で、当社単独の開発プロジェクトとしては過去最大規模となります。

当街区は、東京駅から4km圏内に位置し、東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「市場前」駅に隣接する他、首都高速道路「豊洲I.C.」にも近接しています。本計画では、こうした交通利便性を活かし、オフィス棟とホテル棟の間に高速バスや路線バスが発着可能な交通広場を整備します。また、交流・にぎわい施設や歩行者ネットワークの整備などにも取り組み、豊洲地区のまちづくりに貢献していく予定です。

11階建て、延床約84,000m2のオフィス棟(4-2街区)では、「多様性・機能性・快適性」を追求し、テナント企業が自ら新しいワークプレイスを創出できる環境を提供します。約2,000坪のフロアには、広範なヘビーデューティーゾーン※1や給排水対応スペースを設けてフレキシブルなレイアウトを可能にし、スタジオや研究開発施設、ショールームなど多様な利用方法が可能な天井の高いフロアも設置します。さらに、緑と水辺の周辺環境を活かして、オフィスワーカーの健康・快適性に配慮した付加価値の高いオフィス環境を構築し、WELL認証※2の取得を目指します。

一方、14階建て、延床約32,000m2のホテル棟(4-3街区)では、今後の増加が見込まれる、豊洲周辺エリアでの観光・ビジネス客の宿泊需要に対応するため、エリア最大規模の500室超の客室を設けるとともに、「水辺の景観を活かしたアーバンリゾート」を目指して、最上階に大浴場を併設する予定です。ホテル運営は、(株)共立メンテナンスが手掛けます。

オフィス、ホテルともに、隣接街区の「東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター」からの熱供給を活用するとともに、建物側に設置するコージェネレーションシステムの一体運用により省エネルギー・省CO2を図り、ZEB Ready※3を目指します。

※1 ヘビーデューティーゾーン
大きな床荷重に耐えられるよう補強した領域

※2 WELL(The WELL Building Standard)認証制度
ウェルネス(健康や快適性)に焦点を当てた世界初の建物・室内環境評価システム。米国DELOS社が創設。空気、水、栄養、光、フィットネス、快適性、心の7領域・約100項目で建物および室内環境を評価し、そのレベルに応じてプラチナ、ゴールド、シルバーの認証が付与される制度。

※3 ZEB Ready
再生可能エネルギーを除き、一次エネルギー消費量水準を基準一次エネルギー消費量から50%以上削減した建物。

以上

≪参 考≫

計画概要

名称 (仮称)豊洲六丁目4-2、3街区プロジェクト
所在地 東京都江東区豊洲六丁目
オフィス棟(4-2街区) ホテル棟(4-3街区)
敷地面積 約16,170m2 約8,300m2
用途 オフィス、店舗、交通広場、駐車場 ホテル、店舗、駐車場
構造・規模 S造(免震構造)
地上11階、塔屋1階
S造
地上14階、塔屋1階
延床面積 約84,000m2 約32,000m2
事業主 清水建設株式会社
設計施工 清水建設株式会社

※開発街区について

  • 東京ガス用地開発(株)が豊洲六丁目地区に所有する開発用地の一部。
  • 地区の魅力や価値向上に資する開発を東京ガス用地開発(株)が進めており、当社が土地を賃借して開発事業を実施する予定。

計画地周辺図

計画地周辺図

完成予想パース

オフィス棟(4-2街区)
オフィス棟(4-2街区)
ホテル棟(4-3街区)
ホテル棟(4-3街区)

ニュースリリースに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。