本文へ

イクボス企業同盟に加盟、管理職の意識改革を促進

~働きやすい環境づくりを推進~

  • 経営

2015.12.24

清水建設(株)<社長 宮本洋一>は本日、ダイバーシティ・マネジメントができる管理職の育成推進を目的に、NPO法人ファザーリング・ジャパンが主催する「イクボス企業同盟」に加盟しました。

イクボスとは、職場で共に働く部下・スタッフのワーク・ライフ・バランスを考え、キャリアと人生を応援しながら、仕事でも結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)を意味します。

イクボス企業同盟は、イクボスの必要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行い、新しい時代の理想の上司(イクボス)を育てていこうとする企業のネットワークです。加盟各社は企業の枠を超えて協力し合い、イクボスのロールモデルや養成のノウハウを共有することにより、イクボスの増加を目指します。主な活動内容は、加盟企業間でのイクボス養成のためのノウハウの共有、イクボス養成のためのイベント・勉強会等の共同開催、社会へのメッセージの発信、となります。すでに様々な産業から多くの企業が加盟しており、当社が41社目、ゼネコンでは初の加盟になりました。

当社は、従業員の中からイクボスを選定・表彰する制度「イクボスアワード」を設けるなど、ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。今回のイクボス企業同盟への加盟を契機に、イクボスの育成はもちろん、働きやすい環境づくりに一層注力していく考えです。

以上

ニュースリリースに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。