ガーナ国際回廊

  • 土木
  • 道路
  • ガーナ共和国
  • 2020年

施工担当者から

工事長
植村 勇仁

ガーナの首都アクラと、国内最大の港テマからの国際回廊道路が交わる要衝であるテマ交差点の立体化工事。5月に全面開通し、6月にはガーナ共和国大統領ご列席の下、竣工式が開催されました。交差点を笑顔で走り抜けていくガーナの人々を見ると感無量です。

発注者Ghana Highway Authority
設計・監理株式会社建設技研インターナショナル
工期2018年2月~2020年6月
構造・規模【東西アンダーパス】
ボックスカルバート部分:長さ190m、内空幅16m+16m、高さ8m
アプローチ:長さ540m、高さ10m
【拡幅ほか道路改良工事(長さ3,300m)】
6車線化、既存ラウンドアバウト撤去、
南北方向線形改良、左折レーン・右折ランプ設置
【その他】
横断歩道橋(RC)4基、ボックス内照明、排水施設、標識設置
所在地ガーナ共和国

このページに関するお問い合わせはこちら