Hy-Ecos(鉄骨梁端部RC補強)

(鉄骨梁の端部をRCで根巻き、PS入りを含む)

概要

おもな特徴

  • RC造の剛性と鉄骨造の施工速度の長所を組合わせた、最適な構造によりトータルコストダウンを図ります。
  • 無加工の鉄骨を構造体利用できるため、ローコスト化が図れます。
  • PCa化により型枠を削減できるエコロジカルな構法です。
  • PS導入(PS-Hy-ECOS)により、更なるロングスパン化が可能です。

柱をRC造とし、大梁の柱への接合端部を鉄筋コンクリートで根巻いた鉄骨梁工法。
無加工の鉄骨を構造体利用できるため、ローコスト化が図れる。さらに梁端部にPSを導入することにより、ロングスパン化を図ったのがPS-Hy-ECOS工法です。

具体的技術内容

  • 鉄骨造の梁をRC造の柱に接合するため、鉄骨梁の接合端部を鉄筋コンクリートで巻いてSRC造とし、この部分で鉄骨部の応力(曲げモーメント、せん断力)を鉄筋コンクリート部に伝達させています。
  • 鉄骨梁端部根巻き部~柱梁接合部にPSを導入することにより高耐力化・大スパン化が図れます。
Hy-ECOS

Hy-ECOS

PS-Hy-ECOS

Hy-ECOS