【イベント報告】パラスポーツ体験会in神栖

2021年3月13日、14日の2日間にわたり、かみす防災アリーナ(茨城県神栖市)において、パラスポーツ体験会in神栖を開催しました。この 体験会は、障がいの有無にかかわらず、誰もがスポーツに親しむことができるすばらしさを知り、パラスポーツを通じてノーマライゼーションの実践を促進することを目的とし、かみす防災アリーナ主催、当社運営にて実施しました。

多くの人が楽しめるパラスポーツを、より親しみやすく

今回は、当社が開発協賛をした新型のデジタル競技システム「CYBER BOCCIA S」(サイバーボッチャ・エス)を設置して、地域の子どもたちやスポーツクラブのメンバーなど、約140名の方にボッチャを楽しんでいただきました。

「CYBER BOCCIA S」は、ボール同士の距離の計測や投球順、勝敗の判定などがデジタル映像でモニターに映し出されるため、ルールのわからない方でもボッチャを楽しむことができます。初体験の方が何度か勝負を重ねてすっかり上達し、どこに投げれば有利か戦略を練りながら遊ぶ様子も見られました。また、うまくジャックボールのそばへ投球できた時には、周りの観戦者から多くの拍手が湧きました。

狙った場所に投げるために試行錯誤
狙った場所に投げるために試行錯誤
子ども同士で真剣勝負
子ども同士で真剣勝負

イベント開催にあたっては、新型コロナウイルス感染症対策として、定員を設けた事前申し込み制の採用、都度ボールを消毒、社会的距離を確保するなど、感染防止対策を徹底しました。

引き続き、当社はパラスポーツ体験会や様々なイベントを通じて、パラスポーツの普及・振興に努めていきます。

観戦者も固唾をのんで勝負の行方を見守ります
観戦者も固唾をのんで勝負の行方を見守ります
「またやりたい!」という声の多かった体験会でした
「またやりたい!」という声の多かった体験会でした